関ジャニ∞メンバーが真面目に語る「不遇の時代の乗り越え方」

 ’04年8月にCDデビューし、今年で12周年を迎える関ジャニ∞。映画、ドラマ、音楽、バラエティなどメンバーそれぞれの活動も多岐にわたり、グループとして充実期に突入したように見える。しかし、話してみると、世のサラリーマン男性となんら変わらない、さまざまな思いや悩みを抱えた等身大の30代男性の姿がそこにあった。7者7様、明るくにぎやかな“わちゃわちゃ感”の裏に隠された、彼らの静かでアツい思いに迫る。

関ジャニ∞公式サイト

関ジャニ∞公式サイトより

――みなさん10代、20代前半でデビューし、月日を重ねて全員が30代を迎えましたが、仕事への姿勢や考え方に変化はありますか?

村上:今は「腹八分」ですかね。若い頃はもうお腹いっぱいになるまでやっていましたけど、野球で言うなら9回まで投げて完封勝利するためのペース配分みたいなものを覚えたのかもわからないですね。

渋谷:たしかに。仕事に限らず、生活していく上でもいい意味で「まぁいいか」っていう感じで、肩の力が抜けるようになったというか。

横山:なんやろうなぁ……30代になったら勝手に実力がついてくるもんやと思ってたんですけど、やっぱりちゃんと努力しないと身につくものも身につかない、そんなことに気づきましたね。

安田:最初の頃はまだ遊び感覚でしたよね。17歳か18歳のときにV・WEST(ファイブウエスト)っていうグループを組ませていただいて、今の村上くんのように仕切り役をやらされたんですが、「グループってこんなにも難しいんか!」って打ちひしがれた記憶があります(笑)。

丸山:うん、僕もほかのグループだったら今とキャラ違ってたやろうしな。自分らが30代になってからは、後輩のジャニーズWESTがデビューしたり、Hey!Say!JUMPとかSexy Zoneとかいろんなグループが出てきてますけど、僕らは年相応の、その時その時に求められることをちゃんと提示できるような大人でいたいですね。

――関ジャニ∞というと、関西ローカルデビューに始まり、しばらく不遇の時代を味わった苦労人、というイメージがあるのですが、振り返ってみて辛かった時期や、乗り越えてきた壁について教えてください。

横山:昔、メンバー同士でよく話してたのは、シングルにずっと「大阪」ってタイトルが付いてたとき、「なんかひとつ殻破りたいなぁ」っていうのはありましたね。

丸山:デビューも実験用というか企画みたいな感じでもあったしね。

大倉:それはそれで楽しかったんですけど、「どうなるんだろう?」っていう将来への不安はみんな持っていたと思います。それから東京に出てきたときにすごいぞんざいに扱われて「クソッ」って思ったり。そういうちょっとしたコンプレックスが原動力になっていました。

村上:「どうやったらデビューできるんだろう?」「どうやったらグループ組めるんだろう?」というのがジュニア時代の最初の悩みでしたけど、今は「もっとこのグループが大きくなるにはどうしたらいいんだろう?」ですね。でも、答えはまだ見つからないし、たぶんその試行錯誤は「関ジャニ∞」というグループが続く以上、一生ついて回ると思います。

大倉:他のグループを妬んでもあれだし、ただ頑張るしかないっていう。

村上:冗談で文句言ったりもしましたけど、根幹にはやっぱり他を気にしちゃう気持ちはあると思います。

錦戸:グループとしてしんどかった時期か……。うーん、いつもしんどいっちゃしんどいからね(笑)。

安田:まぁ、それやな(笑)。

――とはいえ「このままじゃオレ、踏ん張れないかも……」みたいな大ピンチのときって、どうやって乗り越えてきたんですか?

横山:そんな弱音言わないですよ。やらなだめですよ、仕事は(笑)。

丸山:僕は、一人で酒を飲むのちょっと控えるとかします(笑)。たまに世界の違う人とか、目上の人と食事に行くとかっていうのも、とても大事なんじゃないですかね。ストレスは溜まるかもしれないですけど、得るものはありますから、頑張れます。

次ページジャニーズ事務所の先輩たちで目標にしているグループは?

週刊SPA!6/28・7/5号(6/21発売)

表紙の人/ 関ジャニ∞

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
罪と夏

関ジャニ∞流の真夏のお祭りソング!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中