女のタイプ別「ケンカしたときの対処法」 一番めんどうなのは『自称 論理的タイプ』

 恋人や夫婦間の「ケンカ解消マニュアル」は恋愛本やネットのコラムサイトの中でも人気コンテンツのひとつだ。

 女性にはとにかく低姿勢で謝り続ければいいというマニュアルもあるが、場合によっては地雷になり、「謝ればいいと思ってるの?!」と火に油を注ぐ結果にもなりかねない。

 トラブルの原因は、女性をタイプ別に分類せず、マニュアル頼みで一つの解決策を実行しようとするからだ。実は、女性のタイプによって、ケンカの際の対処方法は変わってくる。

 常に複数人の女性を抱え、週末は銀座の低価格均一バーや六本木のクラブで女性を口説き落としている20~30代のサラリーマンナンパ師に聞いた、タイプ別のケンカ対処法を紹介しよう。

感情タイプ:マニュアル通りでOK


 寂しい、辛いことがあった、話を聞いてほしい、認められたい…そんな感情が相手への否定となってケンカになるパターンの女性。このタイプが女性の中では一番多い。

 受付など、日頃決められた仕事を淡々とこなさなくてはならない職種や、アパレル、飲食など常に笑顔が要求される接客業の場合、恋人に対して突発的に怒りを向けることがある。

「愛想が要求される接客業の場合、どうしても仕事中は喜怒哀楽が押し殺されがちになるみたいです。だからストレスを受け止めて欲しいという欲求が溜まっていくので八つ当たりされたら謝るだけでOK」(27歳・営業)

「とにかく今日あったムカつくことを聞いてくれないだけでこっちにムカついてくる。そのまま『うんうん』と聞いてあげて、イラッとされたら即『ごめん』。これでOKです」(28歳・医療関係)

 このタイプの女性には、典型的な対処法と言われる、とにかく低姿勢で謝り続けるというアプローチは確かに有効。気がすむまで相手を罵った後、彼女たちはハッと我に返り、今度は嫌われることに怯えて逆に謝ってくるのが一般的だ。

次ページ自称論理的タイプは?

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中