障がい者スポーツの「容赦のなさ」に競技としての面白さを感じた【スポーツジャーナリスト生島淳】

 開会までいよいよとなったリオデジャネイロ五輪。そちらももちろん気になるところだが、その1か月後の9月7日からスタートするリオデジャネイロ・パラリンピックも見逃せない。普段あまり目にすることのない、パラスポーツの魅力に迫る。

競技力や選手のキャラが色濃く映るパラスポーツの可能性と醍醐味


エディー・ウォーズ【生島淳 寄稿文】

 どうせ、障がい者スポーツでしょ? ハンディキャップがある人たちが、頑張ってるんだよね? なんだか、かわいそう……。

 パラリンピックが近づいてきているが、障がい者スポーツについて、そう感じたことはないだろうか。実際、私にはそう思っていた時期があった。

 お金を払って見たり、取材するまでの「価値」はないと感じていたのだ。ところが――。2つの競技が私の考え方を根本から覆した。

 はじめ、衝撃を受けたのは車椅子バスケットボールである。全日本選手権を見たところ、かなり激しいのだ。

 健常者のバスケと同じくスクリーンがある。進路を妨害しようと、車椅子で割り込む。バランスを崩して車椅子が倒れる。危ねえな……と思って見ていると、誰も起こしてくれない。選手は自力で起きあがらなくてはいけないのだ。

 おいおい、相互扶助の精神とかないのか? ないのだ。選手は独力で起きあがる。もともと、転んだほうが悪い。

車椅子バスケットボール

写真/User:STB-1(CC BY-SA 3.0)

 また、障がいの程度によって「持ち点」が決められており、軽ければ4.5点、重度のものだと1.0という点が選手に与えられる。面白いのは、コートでプレーする選手5人の合計点を14点以下になるよう、監督は調整しなければならないことだ。

 ここに戦略性が生まれる。4.5点の選手を2枚入れると、残りは5点分。それをどう使うか。障がいの重い選手はディフェンス時にどんどん狙われてしまう。

 私はこの「容赦のなさ」に競技としての面白さを感じた。

 だが、ディフェンスでやられたら、3ポイントシュートでやり返す選手がいた。車椅子バスケの世界には、とんでもなくシュートがうまい選手がいるのだ。

次ページ陸上競技でも衝撃が

エディー・ウォーズ

2015年9月、強豪南アフリカを制した日本代表。その指揮官エディー・ジョーンズとチームの壮絶な戦いを総力取材で明かす。

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中