“目の見えない人のためのサッカー”日本代表・寺西一選手「僕らのすごさも知ってくれると嬉しい(笑)」

 いよいよ開会まであとわずかとなったリオデジャネイロ五輪。そちらももちろん気になるところだが、その1か月後の9月7日からスタートするリオデジャネイロ・パラリンピックも見逃せない。普段あまり目にすることのない、パラスポーツの魅力に迫る。

企業や晴眼者も多数参加するブラインドサッカーの取り組みとは


ブラインドサッカー その名のとおり“目の見えない人”のためのサッカー。それがブラインドサッカーだ。基本的なルールはフットサルと変わらない。ただ、各チーム4人のフィールドプレーヤーは視覚障がい者だけだ。彼らは耳から入ってくる情報や気配を頼りにプレーする。

「味方選手同士の声掛け、ボールの転がる音、敵選手の足音、キーパーやガイドからの声による情報……。これらのすべてが、僕らのプレーの元になっています」

 こう話してくれたのは、ブラインドサッカー日本代表の寺西一選手。さまざまな“音”や“声”をもとに試合状況を頭の中に描き、ゴールを狙う――。そんなブラインドサッカーにとって最も重要なのは、コミュニケーション力だという。

「ゲーム中、自分がどういうプレーをするつもりなのかをわかりやすく味方に伝える。また、事前に作戦を話し合うことも大切です。プレーのイメージを味方全員が共有していないとゴールは狙えませんからね。練習時間の大半は作戦の話し合いをしているくらいです」

 もちろん“ブラインド”であってもサッカーはサッカー。そのためパスやドリブルなどのテクニックも欠かせない。ただ、それ以上に試合や練習でのコミュニケーションが大きな意味を持つのだ。

「だから、逆に言えばサッカー経験がなくても楽しめるということなんです。実際僕なんてサッカー経験どころか子供の頃はサッカー大嫌いでしたからね(笑)。だけど、やってみたら奥が深い。練習すればテクニックも身につくし、試合をすればするほどこういうプレーのアイデアがあるんだという刺激を受ける。中学生の時に盲学校の先生に勧められて始めたんですが、あっという間にのめり込みました」

次ページ“見えない”体験を通じて伝えることの難しさを知る

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中