女子はうんざり!? 2軒目で「マジックバー」を予約する中年オヤジがイタい

「実はこのあと、“素敵な場所”を予約してあるんだよね」

 これは、イタい中年のおじさんが女子を2軒目へ誘うときの常套句である。

image 最近、密かに人気を集める「マジックバー」と呼ばれる場所がある。おじさんがやたらと女子を連れて行きたがる“素敵な場所”とは、ここのことだ。店内はカウンターとテーブル席があり至って普通のバーだが、照明が暗く怪しい雰囲気が漂い、舞台が併設されている店も。なぜ、イタいおじさんはここへ行きたがるのか?

 上京4年目の30代女性アパレル店員は「マジックの最中はそれをきっかけに自然に手を触ったり、マジックを見ようとお互いのからだを密着させたりできる雰囲気だから、それ目当てもあって女子をマジックバーに誘うのかな」と話す。

 飲みの席でマジックを披露する男への女子たちの食いつきがいいらしい。これを“モテ”と勘違いしたおじさんたちは、ついマジックへの憧れを加速させてしまう。次々と繰り広げられるマジックやイリュージョンを目の前で堪能でき、誕生日や記念日のサプライズで訪れる客が多く、完全予約制というお店も。そんな特別感に女子たちの心は奪われるのかと思いきや、そんなことはない。

 メーカー勤務の20代女性も、「仕事関係の人だから断りづらいのですが、大人な場所を連れ回されるのはもううんざり。普段は引きこもりの私が六本木に連れていかれて、マジック披露のたびに、すごーい!っていちいち反応しなきゃいけないのがつらい。マジックバーに連れて行ってくれた男性にはどや顔されて…高い食事に、飲めないお酒を飲まされて嫌でも我慢です」と愚痴をこぼす。

次ページ気まずいし滑稽で苦痛…

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中