ショーン・マイケルズのボーイ・トーイ自我――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第128回

WWEオフィシャル・マガジン

ショーン・マイケルズが本格的にシングルプレーヤーに転向。1990年代後半のWWE の主役がスーパースターとしての“自我”にめざめたのはこのときだった。(写真は WWEオフィシャル・マガジン1992年10月号表紙より)

 ショーン・マイケルズのシングルプレーヤーとしての最初のニックネームは“ボーイ・トーイBoy Toy”だった。ボーイ・トーイを直訳すると“おもちゃの男の子”だが、アメリカ英語のスラングでは“年下の男の子”とか“若いツバメ”とか、女性主導型のセクシャルな関係をイメージさせる連語として用いられる。

 1965年、アリゾナ州スコッツデール生まれのマイケルズ(本名マイケル・ヒッケンボトム)は、父親が勤務していたテキサス州サンアントニオの空軍駐屯地で少年時代を過ごし、ハイスクールを卒業後の1984年に元プロレスラーのホセ・ロザリオのコーチを受け、地元サンアントニオのインディー団体TAW(テキサス・オールスター・レスリング)でプロレスラーとしてデビューした。

 ルーキー時代はロザリオのブッキングでMSWA(ミッドサウス・レスリング・アソシエーション=ルイジアナ)、NWAセントラル・ステーツ地区(カンザス&ミズーリ)をサーキット。カンザスでの修行時代にマーティー・ジャネッティと出逢ってタッグチームを結成し、1986年にAWA(ミネソタ)に転戦した。

次ページふたりのために用意していたリングネームは…

この特集の記事一覧

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中