「ユーロ2016はテロに狙われている」噂の真偽をスポーツ記者が現地レポート

 現地時間6月10日からフランスで開催されているユーロ(サッカー欧州選手権)2016も22日でグループリーグの全日程を終了し、決勝トーナメントに進出する16チームが出揃った。地元フランスや強豪のスペインやドイツ、イタリアに加え、小国のアイスランドやウェールズ、北アイルランドの健闘もあって、現地では首都パリを中心に開幕から賑わいが続いている。

ユーロ2016はテロに狙われている

機関銃を持った警官はたしかに多く見かけるのだが…

 開幕前は昨年11月にパリで起きた同時多発テロに続き、ことし3月にお隣ベルギーの首都ブリュッセルでの爆弾テロに関わっていた犯人グループが当初はユーロをねらっていたとの情報も出ていただけに開催を心配する声も多かった。だが、筆者は間もなく現地に入り取材をはじめて2週間が経過するが、いまではテロへの恐怖というか警戒心はどこかへ消えてしまったというのが正直な感想である。フランスに入る前は、筆者もネットなどで事前に情報を入手し、少しばかりの緊張感を持って来たが、それは現時点で杞憂に終わっている。

 もちろん、空港や鉄道の主要駅、スタジアムの周囲では通常よりも厳重の警備が施され、機関銃を手にする警官の姿も目に付く。ただ、物々しいかといえばそうではない。実際に観戦に来たサポーターと機関銃を手にした警官が一緒に記念写真に納まっているなんてシーンを何度目撃したことか。また、スタジアム入場の際には二重、三重にセキュリティチェックが行なわれているものの、意外にも緩いと評判。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1142915

 それを示す通り、多くの試合中のスタンドで発煙筒が炊かれ、ときにはピッチに投げ込まれるなんてことになっている有様だ。一部で発生しているのはテロとは対策も脅威もまったく異なるフーリガン絡みのトラブルである。

 ちなみに、フランス政府が安全対策としてユーロに合わせて提供を始めたテロ警報通知アプリ「SAIP」(フランス語版と英語版がある)をスマホにインストールしてみたが、いまのところアラートはない。位置情報を入れることで身近でテロの脅威がある際には、音を発せずスマホの画面が赤くなり危険を知らせてくるらしいが、幸い、アプリは眠ったままだ。

次ページテロよりも●●が面倒!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中