“全身ユニクロ”でもOK! 異性にウケるファッションとは?

 雑誌や広告でスタイリングを行う傍ら、一般の人向けにパーソナルスタイリングの提案も行っている人気スタイリスト・山本あきこ氏と、SPA!本誌・日刊SPA!の連載でも「おしゃれに見せる方法」を提唱しているファッションバイヤー・MB氏のトークショーが6月某日、ダイヤモンド社にて開かれた。定員100名の会場は満員御礼。お金とセンスに頼らず、どうすればおしゃれに見せることができるのか。そんな悩みを持つ人たちに向けて「おしゃれに見せる方法」を感覚ではなく理論で解説し、人気を博しているのが両名だ。ファッション実用において日本を代表する2人による、超実用的トークショーの様子をお届けする。

以前から親交のある山本あきこ氏(左)とMB氏

★最初のトークテーマは「異性にモテるファッション」。それぞれ男性と女性の立場から語り合った。共通のポイントは“普通の服”!?

山本:男性には極力シンプルな服装をしてもらいたいです。ギラギラしたネックレスが苦手! それだけで急に夜の雰囲気になっちゃうんですよねえ。

MB:大きいクロスとかスカルとかだと確かにそうかも。

山本:逆にシンプルなファッションにプラスして、ブレスレットや時計みたいな腕回りのアクセサリー使いはグッと素敵に見えます。

MB:首、手首、足首の3首は体の中で最も細い部分だから、3首をきれいに見せることで、色気を出せますよね。

山本:MBさんから見て、女性にしてもらいたいファッションはどうですか?

MB:僕からも山本さんと同じで、シンプルで普通の格好がいいです。気合の入ったおしゃれ過ぎる服装をされると、「デートでどこに連れて行けばいいんだ」って思っちゃう(笑)。ただあまりにもカジュアルだと子どもっぽくなっちゃうんで、デニムにTシャツのコーディネートなら靴はパンプスにしたり、アクセサリーを付けたりして、大人の女性らしいバランスを整えていると素敵だなと思いますね。

山本:私もそう思います。パーソナルスタイリングのお客さんにも、“普通の服”がいいよって伝えています。わざとらしくフリルやレースの付いた服って、実は男性もあまり好きじゃないんじゃないかと思うんです。私の今日のトップスは「とろみ素材(レーヨンやポリエステルなど柔らかい素材の総称)」のシャツなんですけど、余計な装飾がなくても、柔らかい素材で形をシンプルでシャープなものにすると、それだけで十分に女性らしさを出せます。

MB:とろみ素材や艶感はメンズファッションにも活かせます。例えばパンツをスラックス地のように艶のあるものを選ぶと、トップスがスウェットでも野暮ったくならない。実は今日の僕は全身ユニクロファッションで、パンツはレディースのとろみ素材なんですけど、男性でもきれいにはけますね。

次ページ初デート、具体的に相手に何を着てきてもらいたい?

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

毎朝、服に迷わない

迷ったらそのまま真似できる!90コーデ掲載。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中