「優秀な人でも干されるのが日本」BCASカード不正プログラムで逮捕の17歳少年に、ひろゆきが思うこと

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【不正公開で逮捕の少年、その技術力に驚きの声】

17歳の無職の少年が有料衛星放送を不正に視聴できるプログラムをウェブ上に公開し、逮捕された。これだけなら炎上はなかったが、なんと少年は文献などを読み漁り、同プログラムを独学で作成していたというからネット上は騒然。「天才かよ、国で雇え」「グーグルに入社可能な逸材」などなど、少年の技術力の高さを活用すべきといった声が上がっている

産経ニュース

写真は「産経ニュース」より

技術力で生活していくなら、日本にいないほうがいいかと……


 時価総額が世界一高い上場企業はAppleだったりしますけど、その会社を立ち上げたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、電話を無料でかける機械というのも作って、売りさばいて儲けたりもしたんですよね。’70年代のアメリカのことですが、もちろん違法です。その後、なんやかんやとありましたが、スティーブ・ジョブズも今では尊敬される経営者として名前が挙がっていたりします。

 さておき、日本では衛星放送をBCASカードなしで視聴できるプログラムを独学で開発し、ホームページで公開した少年が逮捕されました。テレビ局やメーカーの大人たちが知恵を絞り大金をかけて作った装置を、ネットにある情報を駆使して抜け穴を見つけちゃったわけですね。

西村博之氏 んで、ネットでは少年を褒める意見が多いみたいですけど、パソコンを使って違法なことをした得体のしれない悪い奴ってな評価されちゃうのが日本だったりします。これがアメリカだと、ナップスターを作ったジョン・パーカーは16歳のときにクラッキングを行ったことでFBIに逮捕されましたけど、その後にフェイスブック初代CEOになっています。っていうのを見ると、技術で生きてくのであれば、日本にいないほうが、報われる可能性が高いってことなんじゃないかと。もちろん優秀な若者がきちんと評価されて、何か成果が残せるような社会にしたほうがいいと思うんですけど、Winnyの金子さんの例にもあるように日本では難しいのかもしれないと思うのですね。

次ページ優秀な人でも干されるのが日本

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中