“裸の美人写真家”ヨシダナギ「私がアフリカの裸族と同じ格好をするのは、シンデレラのコスプレするのと同義」

 アフリカ・エチオピアで服を脱ぎ捨て、現地の少数民族「スリ族」の女性と同じ上半身裸の格好になって写真を撮影するなど、その大胆な姿が話題を呼んでいるフォトグラファー、ヨシダナギ。先月には初の単行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』を上梓し、次なる活動に注目が集まっている。“裸の美人写真家”“全裸フォトグラファー”と呼ばれている彼女だが、そもそもなぜアフリカを目指したのか?

「アフリカ人が好きなんです。私、アフリカの景色とか別に興味がなくて、アフリカ人のあのフォルムや姿に小さい頃から惹かれていて。いまだに自分でも理由はよくわからないんですよ。周囲にアフリカ人がいたわけでもないし。同い歳の友だちが仮面ライダーやセーラームーンになりたいって憧れるのとまったく同じ感覚というか。その意味で、裸になって彼らと同じ格好をするというのも、私のなかではシンデレラのコスプレをすることと同義なんです

気高いナミビア・ヒンバ族とのハダカの交流

気高いナミビア・ヒンバ族とのハダカの交流。「仲良くなってから脱ぐんじゃない。私は仲良くなるために脱ぐんだ」と、体を張ったヨシダのコミュニケーションに笑顔が咲いた(Photo by Nagi Yoshida)

 遠い異国の地、アフリカ。そこまで彼女を惹きつけるアフリカ人の魅力とはいったい何だろう。

「日本人と比べると価値観は全然違います。たぶん日本の感覚で行くと苛立ってしょうがないでしょうね。何事も時間通りにいかないことはもちろんですけど、彼らは『考えることを放棄』するんです。でも、それってすごくいいことだと思うんですよ。最初はそれを目の当たりにして『だからアフリカって発展しないんだよ』って上から目線で思ったりしましたけど、放棄できるからこそ、こんなに過酷な環境でも楽しく生きていけるんだってことがわかりました。私たち日本人は自分も含めて“考えすぎる”部分ってありますけど、それを放棄できるスキルってすごいなって心から思います」

次ページすべての感情をムキ出しにするアフリカ

ヨシダ,裸でアフリカをゆく

2009年から2014年にかけて、エチオピアやジブチ、タンザニアなどアフリカ16か国で少数部族を撮り続けたフォトグラファー、ヨシダナギの全記録

SURI COLLECTION

“裸の美人写真家”として大反響!世界一ファッショナブルな民族「スリ族」日本初の写真集。

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中