オワコン化する“街コン”が詐欺の温床に…被害男性を直撃

 ここ5年ほどの間で、相席居酒屋や婚活アプリがブームになるなど、ネット上でもリアル空間でも見知らぬ男女が出会う場が数多く提供されている。

 2012年に流行語にもノミネートされた街コンもその一つだ。だが、最近ではすっかりブームが落ち着いたのか、すっかりメディアで街コンの名を耳にすることがなくなった。

※画像は本文と関係ありません

街コン詐欺が蔓延っている


 そんな存在感を薄めつつあった街コンがいま、荒れている。

 今年になって、街コン参加者を狙った詐欺が蔓延しているのだ。実際に被害に遭った男性の声をもとにその実態を紹介しよう。

前日突然の「開催中止」


出会いを求めて街コンに参加した岡本さん(仮名・29歳)

 岡本さん(仮名・29歳)は都内のIT企業で勤めるサラリーマン。恋人はおらず、容姿は可もなく不可もない普通の営業マンだ。

 4月後半のある日。独身の同僚と飲んでいたときに勢いで街コンの申し込みをした。

「その場で飲んでいた取引先の営業マン3人(31歳、33歳、35歳)と、僕の4人で申し込みました。2週間後をターゲットにし、スマホで街コンを検索してみました。が、男女ともに20代まで限定の街コンが多く、なかなかいいのが見つからなくて……。

 やっと見つかったのがW(イニシャル)社主催の『社会人男子コン@有楽町』でした。ページに載っていた過去の写真を見ても楽しそうだったので、何の疑いもなく、すかさず予約を申し込みました」

 翌日、彼が支払ったのは、男性6500円×4人分の参加費26000円。支払い方法は主催者への直接振り込みだった。

 だが……。

次ページ迷走する街コン

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中