意識高い系が「ビジネス書から真似するイタい行動」。見城徹、藤田晋にあこがれて…

 数年前からたびたび揶揄の対象になっている「意識高い系」のビジネスパーソンの中には、経営者のビジネス書に書かれていた習慣をそっくりそのまま実践する者がいる。

 むろん、ビジネス書から学びを得、日常に取り入れること自体悪いことではない。だが、何事も程度問題だ。ただ本の内容を実践していることに満足してしまい、結果的にただの「変わったヤツ」になってしまうことがある。

 そんなビジネス書を真似たあまりイタい奴に成り下がった意識高い系の実態を都内会社員の声とともに紹介しよう。

幻冬舎・見城徹社長に影響を受け…


「365日毎日外食という見城氏の生活を真似して、毎日誰かとメシを食う!と掲げている職場の先輩は金欠で大変そう。鳥貴族で節約しているもののエンゲル係数的にそろそろ3ヶ月が過ぎたし破綻するんじゃないかと思う」(26歳・男性・IT)

「『初対面での遅刻は裏切り』という見城徹社長の言葉に感化された大学時代の同級生。問題はそれをどのシチュエーションでも導入していること。電車の遅延はもちろんとして、取引先の人に対しても遅刻に毅然とした態度を取るのはマジでやめるべきだと思う」(27歳・男性・IT)

「見城徹氏に心酔している友人がいるのですが、著作の『たった一人の熱狂』(幻冬舎)などでよく書かれている氏の日課の「トレーニング」に感化され、毎日のようにジムに通っています。

 彼はトレーニングを始めて以降、見事に筋トレの魔力にハマってしまい、ベンチプレスでは100キロを上げるまでに成長。その辺りでやめておけば良かったものの、ランチに行っても白米は口にせず、間食はこれまた氏が毎日飲んでいるというコールドプレスジュースで腹ごしらえという、ボディビルダーさながらの生活に。見城氏はトレーニングを毎日襲ってくる不安と戦うための習慣と位置づけていますが、特に昇進の話も聞かない彼は、現状ただの健康オタクとなっただけです」(33歳・男性・編集)

次ページ藤田社長に影響を受け…

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

全てのビジネスマンの心臓に突き刺さる見城徹魂のメッセージ。


運を支配する

藤田氏が自らの体験をもとに実践的な運のつかみ方を指南。


冒険に出よう

自分らしく、自由に生き抜くための「サバイバル・マニュアル」

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中