新生『じゅじゅ』を救ったのは“飲みニケーション”!?【お披露目ライブ直前インタビュー】

じゅじゅ

じゅじゅ

3月29日のライブをもって活動を休止していた、アイドルユニット「じゅじゅ」。先日、ゲリラ豪雨と雷鳴が轟く渋谷で新メンバーを迎え、新生「じゅじゅ」としてリスタートした。お披露目ライブの直前、新メンバーを迎え3人となったじゅじゅに突撃インタビューを敢行!新しく生まれ変わったじゅじゅはどこへ向かうのか。

――新メンバーの方もいますので、改めて一人ずつ自己紹介をお願いします。

ねう:ねうです。趣味は……以前のインタビューではUFOキャッチャーが好きと言っていたんですが、最近はあまり行かなくなって、でもたまに行くと、ちょっとのつもりがどんどんお金使っちゃって……なので本格的にやめなきゃなって思ってます。(笑)

みおり:新メンバーのみおりです。サンリオが好きです。特に好きなのは、キティちゃん、キキララちゃん、ウィッシュミーメルちゃん。歌うのが好きで、歌い手の松下さんを尊敬しています!

みのる:大阪出身のみのるです。趣味は……お酒飲むことです。(笑)

――それぞれの第一印象はどうでしたか?新メンバーを迎える側であるねうさんは期待や不安があったと思いますが。

ねう:リスタートでガンっ!と行きたかったので、歌も踊りも元々出来るコが来て欲しかったんです。その理想を叶えてくれた2人でした。真面目で良いコでよかったです。

――2人それぞれの印象はどうですか?

ねう:みのるちゃんは歌が上手いと聞いていたので、これは即戦力だな!と期待が膨らみました。みおりちゃんは首輪女子協会のTwitterで見てて、前から可愛いコだなと思っていたので、「あ、あの可愛いコが」という感じでしたね。

――好印象からのスタートだったんですね。逆に新メンバーの二人はねうさんやじゅじゅに対してのイメージはどうでしたか?

みのる:最初会ったときは、まだみおりちゃんがいなくて、(ねうちゃんと)2人だったんですけど、お互いに人見知りだから、2人ともじっと床見てて……たまに顔上げると目が合ってお互いにニコって微笑むみたいなコミュニケーションしかとってなかった時期もありました(笑)

みおり:私もねうちゃんのことTwitterで見てて、可愛いコだって思ってたんですけど、実際に会ったら「顔ちっちゃ!」と思って。みのるちゃんが言ってたのと同じで、最初は話しかけちゃいけないオーラ出てて(笑)仲良くなれるか心配だったんですけど、一緒にお酒飲んだらいっぱい喋ってくれるようになって、今ではスキンシップもたくさんできるようになりました!

みのる:私も一緒にお酒飲んだのきっかけでねうちゃんと仲良くなれました!

ねう:人見知りが酷いんですよね。新メンバーを引っ張ていく立場として、二人に伝えなきゃいけないこともあるんですけど、緊張しちゃってずっとキョロキョロしちゃってましたね……

――いまどきの若いアイドルの女のコから“飲みニケーション”を推されるとは思いませんでした……ねうさんとみのるさんはどちらもお酒が好きということですが、何かこだわりとかありますか?

ねう:日本酒が好きです。あまり新しいのは飲まなくて……ずっと『久保田』が好きです。

みのる:ビールが好きで、アサヒが一番好きです。

――アイドルの口から出る『久保田』は新鮮ですね。最近はクラフトビールブームなどもありますが、みのるさんはやはりアサヒが一番お好きですか?

みのる:普通の、アサヒビールが好きです。家でも飲むんですが、そういうときおつまみはじゃがりこですね。楽なんです。開けるだけでいいから(笑)

次ページ新メンバーとして発表されての反響とは!?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中