酒を飲むと「俺のことを褒めてくれ!」と絡んでくるめんどくさい男の話【エッセイスト・犬山紙子】

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

「褒め言葉」への餓えがエスカレートすると……


 夫が最近、シェフをやっている友人に教わりながら料理をするのにハマっておりまして、何その最高なブーム!と心躍っております。

ちょっと幼少期が心配になった… 仕事に疲れて家に帰ると、人畜無害そうなおっさんが2人で、前菜から、フルーツを使ったサラダ、ほどよくレアなステーキ(安い肉をおいしく焼く!)などを楽しそうに作っている! しかも食べるのは私!! 料理が趣味っていう女が男ウケ抜群って言われるゆえんがよくわかりました。これは男ウケ女ウケ関係なく、“仕事でバタバタしてる人ウケ”がいいってことなんですね……。ベタな男ウケテクニックは、仕事で忙しい女に対しても効果を発揮するんだなあと思った次第です。

 さて、今回の痛男は「酒癖の悪い男」であります。酒癖が悪いというと、「私酒乱なのー(お酒飲むと大胆になるよ! みんな私を口説くチャンスだね!)」とわざわざアピールしてくる女がいたりしますが、本物の酒乱とは他人に危害を加えたり、昏睡状態に陥って死ぬ可能性もあったりで(酒を飲むと死んだように眠ってつねっても叩いても起きない人とかも)、シャレにならない。自称するのは紛らわしいからやめてもらいたいものです。で、そのあたりのシャレにならない人々は断酒協会やお医者さんに任せるとして、今回は単に酒癖が悪い、はた迷惑な男についてです。

 駆け出しイラストレーターのD君(29歳)はもともと人を信用しないタイプで、あんまり人と馴れ合わないギラついている男。誰よりも自分の絵が最高なはずだという、高いプライドが垣間見られます。非常に生真面目で、締め切りもしっかり守るので、仕事は少しずつですが着実に増えている模様です。

 しかし、そんな彼は、酒を飲むと本当にめんどくさい。最初ビールを飲んだりしているうちは「おっ、陽気になったな」くらいなのですが、それがワインなどに変わり出すとやばくなるサインで、手当たり次第に周りの人に絡みだす。

次ページその絡みかたが…

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中