KinKi Kids「硝子の少年」からの20年を振り返る

 ジャニーズの幾多の人気グループの中でも珍しい“デュオ”であるKinKi Kids。デビューからこれまで堂本光一は自ら構成・脚本・演出を務める舞台『Endless SHOCK』を、堂本剛はクリエイター、シンガーソングライターとして楽曲提供も含む幅広い音楽活動といったソロ活動を互いに充実させつつ、KinKi Kidsとしても変わらぬ人気を博してきた。いまだ「デビューからの連続首位作品数」のギネス記録を更新し、CDデビュー20周年イヤーに突入した今、二人が見据えているものとは?

バラ――20周年イヤーの第1弾シングル「薔薇と太陽」がリリースされますが、作詞・作曲は今年再集結したTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんが書き下ろしされたそうで。最初に聴いたときの印象はいかがでしたか?

堂本光一(以下、光一):最初に聴いたのはご本人の歌うデモテープで、吉井さんならではの独特の歌い回しが効いていて、それをどこまで自分たちの表現にもっていくかが難しかったですね。

堂本剛(以下、剛):ほかの楽曲も含めてレコーディングしたんですが、直感的に「これがシングルになるな」、とわかりました。そういうエネルギーがあったと思います。吉井さんにご提供いただけること自体、光栄でしたし、歌うときの緊張感みたいなものも楽しめました。

――完成した曲を聴くと、デビューシングルの「硝子の少年」にも通じる歌謡曲のテイストでした。SPA!の読者はお二人と同世代の人も多いのですが、「硝子の少年」から20年がたち、どんな道を歩んできたのでしょう。新しい挑戦として、最近では剛さんは「小喜利」もやられていますが。

剛:ことの発端は「いつか大喜利やりたいな」ってチラチラ言っていて、たまたま「やりたいって言ってたよな」と声をかけられたからなんです。でもまあ、ほかにもドラマやったりバラエティやったり映画やったりといろいろしてますけど、基本的に軸は音楽ですね。KinKi Kidsはデビューから、「硝子の少年」というものすごい楽曲を山下達郎さん・松本隆さんに作っていただいた。とても贅沢ですよね。レコーディングした当時は音楽のことはまるで何もわからなかったけれど、その後、『LOVE LOVE あいしてる』などの音楽番組を通して、吉田拓郎さんだったり、坂崎幸之助さんだったり、たくさんのミュージシャンに出会い、生き方みたいなものを教わりました。そこに強烈に反応したからこそ今がある、と思いますね。

次ページ連続首位獲得へのプレッシャーは?

週刊SPA!7/19・7/26号(7/12発売)

表紙の人/ KinKi Kids

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

薔薇と太陽

KinKi Kids 20周年Year 突入の第1弾シングル!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中