毎朝使ってるT字カミソリが誕生したのは今から何年前?

 突然だが、我々が普段使っているT字型のカミソリがいつ生まれたのか、皆さんはご存じだろうか?

 正解は115年前。アメリカで1901年にキング・キャンプ・ジレット氏によって、T字型で刃を交換できるカミソリが開発されたのが始まりだそう。……と、恐らくその名前でピンときた人も多いはず。彼はT字カミソリメーカー「ジレット」の創始者だ。

 つまり、T字カミソリの歴史とはすなわちジレットの歴史でもあるわけで、もしキングさんがいなければ我々は今でもナイフで顎をジョリジョリ剃っていたかもしれない。そんな同メーカーが全力プッシュする新作T字カミソリを一足早く体験できる発表会があるというので、T字カミソリに毎朝お世話になっている記者が、早速向かってみた。

 到着した都内の会場にはほかにも記者が10人ほど。当然のごとく、ひげを生やした人が多い。

 さて今回、ジレットが自信を持って世に放つのは「ジレット プロシールド」という新製品。なんでも同社の調べによれば、世の男性は一回の髭剃りで平均170回ほどカミソリを上下動させるストロークをしているらしい。ただ、シェービングクリームは最初の50回くらいでほとんどとれてしまうので、残りの120回はクリームなしで肌に刃をあてていることになるというのだ。

 それがつまり「カミソリ負け」や「剃った後の肌のヒリヒリ」に繋がっているという。そんなカミソリの問題点に対し、ジレットは新テクノロジーという回答を用意。刃の周りを「ジェルスムーサー」という摩擦をやわらげる素材で囲むことで、なめらかな剃り心地を実現したという。

思った以上になめらかな肌触り

 とまぁ、説明されても実際に剃ってみないことには、その凄さはわからない。早速、スタッフさんから配られた体験用セットで剃ってみることにした。集まった無精ひげの中年男性記者たちが一斉にジョリジョリしだすのはなかなか奇妙な光景ではあるが、気にせずクリームをつけて、ほほに刃をあてる。すると、いつも使っているカミソリよりも抵抗感がなくスーッと刃が進む。おお、コレは確かに肌に優しそう!

 朝に剃っても夕方には青々としたヒゲ畑が育っている記者は、いつも逆剃り(下から上にカミソリを動かすこと)で念入りに剃っているのだが、逆剃りはカミソリ負けしやすくて頻繁に血が出る……。でもコレならそのリスクも抑えられ、朝方に焦って流血沙汰になることも減りそうだ。一般発売は7月中旬予定とのこと。115年の集大成のなめらかさを実感してみては、どうだろうか?

<取材・文/日刊SPA!取材班>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中