ライター業をはじめる女子アナが増加。なぜ出版界に進出するのか?

 今、出版の世界に”女子アナ”たちの進出が目覚ましい。

 平成の世の現代でも長時間労働、サービス残業は当たり前、前時代的な男社会といわれる出版業界。そんな出版業界になぜ女子アナたちはやってきたのだろうか。

「ライター業、とくにフリーランスなら他の職業に比べて時間の自由も効くというものです。結婚や出産でアナウンサーとしてのキャリアの中断を余儀なくされる女子アナにとって、ライター業はその取材力、発信力、知名度が活かせる副業として好都合という側面もあります」

読者離れを食い止める!? 増えつつある女子アナ・ライターたち

※写真はイメージです

 この6月末に『記者・ライターの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本』(秀和システム)を上梓したフリーライターの秋山謙一郎氏はこう語る。

 事実、大手出版社編集部員も、近年、出版業界への進出目覚ましい女子アナの実態について次のように語った。

「元日本テレビの関谷亜矢子アナがスポーツライターとして活躍しています。関谷アナの他にも芸能や経済といった分野で”女子アナ・ライター”がいます。彼女たちはアナらしく取材対象者から丁寧に話を引き出すのが上手。本業のライター以上に評判も上々です」

 だが、こうした例は書籍を著したごく一部の女子アナ以外あまり耳にしないのが実情だ。その背景について前出・秋山氏はこう解説する。

「彼女たちの多くはペンネームでの執筆だからです。報道やスポーツアナには中立性が求められます。なのでテレビ以外の雑誌やニュースサイトといった媒体に実名で書くことは難しい。画面や音声で『話している』ことと雑誌などで『書いている』ことに矛盾が生じた場合、アナとしての仕事に差し障りがあるため、実名での雑誌やニュースサイトでの露出は難しいのです」

 ペンネームとはいえ実際に取材現場にも赴くライター。取材先では、「あの人、もしかして、朝の番組に出ていた誰それアナでは?」という声が上がることもしばしばだ。取材を受ける側にとっても、ライターよりも現役アナから受ける取材のほうが心地よいという現実もある。

「男性の新聞記者や雑誌記者のなかには、時々、厳しい質問を投げかける人もいます。そんなライターなら、俺たちは『絶対に話してやらない』という気になるものです。でもテレビで観たことのある女子アナなら、ついつい気も緩みあれこれ話してしまうものです。見方次第では手強いライターですよ」(在京、セ・リーグ球団、一軍選手)

 まさに本業のライターそっちのけの活躍ぶりの女子アナ・ライターたちだが、彼女たちが出版業界で重宝がられるのは理由がある。前出の大手出版社編集部員が語る。

「どんなことをしても締め切りを守るんです。専業ライターのなかには、『締め切りを破ってナンボ』みたいなのが結構います。でも放送業界では締め切りは絶対。オンエアに遅刻したなどという話はまず聞きません。その意識が徹底しているからでしょう。こちら側の無茶なオーダーも聞いてくれます。そこが専業ライターとの大きな違いです」

 評判上々の女子アナ・ライターたち。当の彼女たちはこうした声をどう思っているのだろうか。ひとりの女子アナ・ライターが匿名を条件に小サイトのインタビューに応じてくれた。

次ページ”伝える”という意味ではアナよりも面白い

記者・ライターの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本

知っていそうで知らない…そんなアレやコレがわかる本です。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中