人気漫画の舞台『BLEACH』復活! 主演・高野洸「真夏より熱い、黒崎一護を演じたい」

 久保帯人の人気漫画『BLEACH』が原作のミュージカル「『ROCK MUSICAL BLEACH』~もうひとつの地上~」が7月28日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した。主人公の黒崎一護を演じるのは、Dream5のダンサー・高野洸だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1166887

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~『BLEACH』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画。単行本は現在73巻まで刊行されているが、今秋発売の74巻をもって完結することが決定している。舞台化は2008年からスタートし、12年までの公演で累計18万人を動員。今回はキャストを一新した4年ぶりの復活で、初演公演の「尸魂界(ソウル・ソサエティ)」篇をベースに、新たな楽曲・演出を加えての上演となる。

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~ 今回、初の座長を務める高野は「原作である『BLEACH』の連載が完結するというタイミングで、一護役として舞台に立てることを本当に幸せに感じています。真夏より熱い、黒崎一護を演じられるよう頑張ります。来てくださる皆さんに満足して帰っていただけるよう全力を尽くします」と爽やかに挨拶をした。

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~ そして、雛森桃役の女優・美山加恋も「『ブリミュ』は色々な方に長く愛されている作品なので、そんな大きな作品に参加させていただくことはとても光栄ですし、私自身、マンガやアニメが大好きなので、原作がある作品に参加する機会をいただけて、とても嬉しいです。“とあるゲーム”に負けない熱いものを、皆で作っていきたいと思います」と意気込みを語った。

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~ 同作は、2008年に新宿コマ劇場にて上演された「ROCK MUSICAL BLEACH THE ALL」がベースとなっている。一護や護廷十三隊による迫力ある殺陣に加え、それぞれの死神が持つ斬魄刀の形状の変化や、映像を使用した始解・卍解などの効果演出も見どころのひとつ。朽木白哉の「千本桜」や、藍染惣右介の「鏡花水月」、日番谷冬獅郎の「氷輪丸」など、さまざまな斬魄刀の技にも注目だ。

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~ 脚本・演出の堤泰之氏は「僕がこの作品に関わり始めたのはもう10年ほど前からになりますが、今回は、8年前の新宿コマ劇場が無くなる直前にやったものを改定した形になります。とにかく原作の漫画が面白くて、その世界をなんとか皆さんにお届けできれば」と同作へ込めた思いを語った。

 本公演は、8月7日までAiiA 2.5 Theater Tokyo、8月24日から8月28日まで京都劇場にて上演される。2016年春に俳優としての一歩を踏み出したばかりの主演・高野洸に注目したい。 <取材・文/北村篤裕 撮影/林紘輝>

©久保帯人/集英社・RMBLEACH 製作委員会 2016

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中