人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ【コラムニスト木村和久】

―木村和久の「オヤ充のススメ」その125ー

映画『トランボ』

映画『トランボ』©Photo: Hilary Bronwyn Gayle

 7月22日から公開される映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は、名作「ローマの休日」の脚本家だったダルトン・トランボの、自伝的映画とでもいうのでしょうか。「ローマの休日」(1953年)が封切りされた頃、原案・脚本の欄には全く別の名前がクレジットされていました。つまり、トランボは友人の脚本家の名前を使って作品を提供し、アカデミー原案賞を受賞したのです。

 なんでトランボは、偽名で書いたのか? それはトランボが、共産主義者に加担しているということで、「赤狩り」にあい、投獄されたからです。そんな弾圧を受けたトランボが、いかにして名誉を回復したかが、この映画のテーマです。

 最近の日本でも炎上とか、理不尽な弾圧を受ける人が多いですが、そういう方たちにも、トランボの生き方はとても参考になると思います。

 トランボの弾圧の話を書く以前に、映画産業そのものが、弾圧の歴史だったことが驚きです。そもそもハリウッドが映画の都となったのは、発明王エジソンが、自分が発明した映画から、お金を徴収しようしたことに始まります。これを嫌ったユダヤ人たちがニューヨークから離れた、ハリウッドならエジソンも追ってこまいと、セットを作り始めたのです。

 そんなハリウッドから、さらに迫害されようとは、トランボも数奇な運命の星のもとに生まれましたな。1950年代、アメリカに吹き荒れた「マッカーシズム」は、共産主義者や賛同者に対して、ヒステリックに攻撃し、失職させ、果ては投獄に追い込んだのです。

 そんな時代の雰囲気を機敏に感じ取った巨匠ウィリアム・ワイラー(ドイツ生まれ、ベン・ハーなど名作多数)は、ハリウッドでは口うるさい注文が多くて映画作りに専念できない。ここはいっそ海外ロケをして自由な気風で「ローマの休日」を作ろうとなった次第。ダルトン・トランボは原作から参加。けどタイミングが悪かった。封切時には、すでに赤狩りにあい、偽名での参加となったのです。

次ページトランボはどうやって名誉を回復したのか?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中