“ステロイド共同謀議”ビンス在宅起訴――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第146回

マクマホン

ビンス・マクマホンの“ステロイド裁判”で検察サイドが用意した“証人X”はなん とハルク・ホーガンだった(写真はWWEオフィシャルDVD「マクマホン」ライ ナーノーツより)

 ビンス・マクマホンとタイタン・スポーツ社(WWEの親会社=当時)を被告とした“ステロイド裁判”で米司法省が用意した“証人Ⅹ”は、なんとハルク・ホーガンだった。

 1993年11月18日、米司法省は①アナボリック・ステロイドの販売・流通とその共同謀議②販売・流通を目的としたステロイドの不法所持と指定薬物取締法違反の容疑でビンスとタイタン・スポーツ社を在宅起訴した。

 “共同謀議”とは、ビンスとビンスが社長をつとめるタイタン・スポーツ社による謀議、つまり会社ぐるみの犯罪の可能性を示唆していた。

 タイタン・スポーツ社に対する起訴状には“罰金50万ドル、自社ビル(タイタン・タワー=推定資産価値950万ドル)の土地、建物、固定資産の没収”と記されていた。

 検察当局は罪状をより具体化するため、犯罪がおこなわれたとされる期間を1988年3月から1989年10月までの20カ月間に限定。さらに1988年に施行された“ドラッグ・フォーフェチャー・アクト(指定薬物没収法)”を適用し、“犯罪現場”となった自社ビルの接収を訴状にもり込んでいた。

 1994年5月(その後、同年7月に変更)に開廷が予定される公判の争点はあくまでも販売・流通を目的としたステロイドの不法所持とその共同謀議で、ステロイドの個人使用そのものについては罪状には含まれなかった。

次ページジョージ・ザホリアン医師の“ステロイド裁判”では

この特集の記事一覧

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中