“マッチョマン”ランディ・サベージの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第149回

WWEオフィシャル・マガジン

“マッチョマン”ランディ・サベージは“1984体制”からの10年間をリアルタイ ムで体験したWWE史の生き証人。サベージ自身は現役引退‐TV解説者への転向を 希望していたが(写真は「WWEオフィシャル・マガジン」表紙より)

 “マッチョマン”ランディ・サベージは、WWEの“1984体制”の10年間をリアルタイムで体験した数少ない生き証人のひとりだった。

 サベージがWWEと専属契約を交わしたのは1985年6月。戦後の1940年代後半から1970年代まで活躍した名レスラー、アンジェロ・ポッフォを父に持つサベージがマイナーリーグのベースボール・プレーヤーからプロレスに転向したのは1973年。父ポッフォが主宰していたインディー団体ICW(インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング)、テネシー、フロリダといった南部エリアを長期サーキット後、32歳でニューヨーク・ニューヨークにたどり着いた。

 アナログのレコードにたとえるならば、1980年代のWWEの“A面”はいうまでもなくハルク・ホーガンで、“B面”はサベージとエリザベスの“美女と野獣”コンビだった。

次ページ“レッスルマニア3”でリッキー・スティムボートを相手に

この特集の記事一覧

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中