“レッスルマニア10”ラダー・マッチ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第151回

レッス ルマニア10

“レッスルマニア10”のもうひとつの名勝負は、レーザー・ラモン対ショーン・マイ ケルズのインターコンチネンタル選手権“ラダー・マッチ”だった(写真は「レッス ルマニア10」ケーブルTV・PPV番組広告より)

 ラダー・マッチという試合形式のルーツに関してはふたつの説がある。プロレスの試合で最初にハシゴをリングに持ち込んだ人物はジェリー・ローラーだったとする“テネシー発祥説”。1970年代の終わりから1980年代前半にかけて、カナダ・カルガリーでおこなわれたブレット・ハート対ダイナマイト・キッドのシングルマッチ連戦シリーズのなかでラダー・マッチが発明されたとする“カルガリー発祥説”。ふたつの説に共通していることは、それらがいずれも偶然の産物だったという点だろう。

 プロレス現代史のなかでいちばん有名なラダー・マッチは、“レッスルマニア10”(1994年3月20日=ニューヨーク州ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン)のセミファイナルにラインナップされたレーザー・ラモン(スコット・ホール)対ショーン・マイケルズの一戦である。

 “レッスルマニア10”はWWE史に残るベスト・オブ・ベスト・マッチを2試合、プロデュースした。ひとつはブレット対オーエン・ハートの“兄弟対決”で、もうひとつはラモン対マイケルズのラダー・マッチだった。

次ページランディ・サベージ対リッキー・スティムボートは“心の名勝負”

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中