ビンス無罪“ステロイド裁判”プロローグ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第153回

マクマ ホン

特別読み物「ビンス無罪“ステロイド裁判”」エピソード全20話をシリーズでお届け しています。1994年7月にニューヨーク連邦裁判所でおこなわれた“ステロイド裁 判”の公判ドキュメンタリーを毎日更新(写真はWWEオフィシャルDVD「マクマ ホン」ジャケットより)

 今回から全20話のシリーズとして“ザ・ステロイド裁判”をお届けする。この裁判はいまから22年まえの1994年7月、ニューヨーク州ユニオンデールの連邦裁判所で公判がおこなわれた刑事裁判である。

 原告はニューヨーク州東地区検察当局。被告はビンス・マクマホンとタイタン・スポーツ社(WWEの親会社=当時)。罪状はアナボリック・ステロイド(筋肉増強剤)――1988年11月に違法薬物に指定――の販売・流通を目的とした不法所持、同薬物の販売・流通、同薬物の販売・流通のための共同謀議など全5件。

 まず、この裁判のおもな登場人物を紹介しておく必要がある。原告側の主役は、ニューヨーク州東地区検察官のショーン・オシェー検事。弁護側のキーパーソンズはジェリー・マクデビットWWE顧問弁護士とローラ・ブレベッティ弁護士のふたり。裁判はFBI(米連邦捜査局)とビンスの闘いであると同時に、オシェー検事対マクデビット弁護士&ブレベッティ弁護士のプロレス的論戦だった。

 公判は7月6日(水曜)から同8日(金曜)、7月11日(月曜)から同15日(金曜)、7月18日(月曜)から同22日(金曜)までの3週間(審理は全13日間)にわたっておこなわれた。

次ページ審理の第1日め

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中