都知事選で埋もれてしまった横田基地の「空域返還」と「軍民共用化」問題

 東京都知事選(7月31日投開票)も中盤戦に突入したが、現在のところ「保守分裂」で後ろ盾なしの出馬となった小池百合子候補が頭ひとつリード。それを「野党統一候補」の鳥越俊太郎候補が並びかけ、やや遅れて自民・公明両党の推す増田寛也候補が追いかける構図のようだ――。

在日米軍司令部、空軍司令部などのほか、航空自衛隊航空総体司令部なども所属する横田基地

 与野党ともに「党内事情」や「党利党略」を優先させた結果、異例とも言える公示日直前での「後出しジャンケン」が続出し、政策論争がまったく深まらないまま、またもや「知名度頼み」の選挙戦となっている。多摩・島嶼エリアを含めた広大な選挙区をわずか17日間の短期決戦で回るのは限界があるため、テレビの公開討論を通じて、各候補者が掲げる政策を自らの言葉でストレートに議論する姿を見せてほしいものだが、先週末の7月16日には、フジテレビ系『新報道2001』の候補者討論会に鳥越俊太郎氏が「ドタキャン」していたことを、増田寛也氏がツイッターで暴露。ただでさえ、政策本位で候補者を見極めたい欲求が募るなか、ネット上では「ヒドい」「政策論争できないから?」「そりゃ、喋るほど支持率落ちそうだもんね」など批判の声が湧きあがった。

 「主要な候補者」と言われる小池、鳥越、増田の三氏が掲げる公約、政策を見比べても、皆似たり寄ったりで、正直あまり変わり映えしない。2020年の東京五輪を巡る多くの課題は言うまでもなく、年間7800人を超える待機児童や、こちらは年間3000人に迫る特別養護老人ホームの「入所待機者」の問題、さらには、首都直下地震に備えた防災対策……など、首都・東京が直面する喫緊の課題はある程度搾られているものの、現段階では各候補者とも、具体性に乏しく耳障りのいい公約ばかり訴えている印象だ。

 当然のことながら、人口1360万人の東京が抱える問題は多岐にわたる。子育て、老人福祉、医療、貧困、防災対策など生活者の目線に立った行政サービスを充実させることが、都政の“最重要課題”であるのは言うまでもないが、今回の選挙でほとんど語られていないのが、日本の首都・東京を睥睨するかのように広がる在日米軍横田基地の「管制空域返還」と「軍民共用化」を巡る問題だ。

次ページ巨大な「空の聖域」があることで…

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中