おっさんでも「女子力高いね」と言われるキーワード 2016年夏版

 「女子力の高い男子」という言葉が使われて久しい。手作りの弁当に凝ったり、部屋に花を飾ったりとまではよくある話だが、今では化粧ポーチを持ち歩く者さえいる。それを後押しするように、若者の消費の対象は、酒・タバコといった男性型商品から、お菓子・スイーツなど、女子が好む商品へと徐々にシフトしており、“無骨で男らしい”タイプは肩身の狭い思いをする機会が増えた。

 当然そうした男たちは、合コンなど女性と一緒になる飲みの場においても、場の人気をかっさらう活躍ぶりを見せる。好きな食べものは家系ラーメン、休日はずっと家で寝ているというような30代のおっさんからすれば、彼らがうらやましくないといえばウソになるだろう。

「女子力高いね~」と言われるためだけに覚える言葉がある


 ヘルシーメニューのチョイス、行き届いた気配り、そして何より女性たちが敏感に反応する言葉を会話の間に散りばめ、話題の中心に居続ける女子力高い男子。彼らのエピソードから導き出された、高い確率で「女子力高いね」と言われるワードをまとめてみた。都内在住の20~30代女性の声とともに紹介しよう。

 なお、これらはどれも口にするだけで女子が反応するキーワード。おっさんたちはどれも実際に買ったり、消費をするまでの努力は必要ないことを付記しておこう。

ロンハーマン(セレクトショップ)


 西海岸スタイルをベースにしたアメリカのライフスタイルショップ『ロンハーマン』。アパレルを中心にした品ぞろえで、トム・ハーディ、ジェシカ・アルバなどの海外セレブが愛用しており、日本でも知名度が増している。その内装は木材を中心とした造りで、いかにもな”オシャレ空間“が出来上がっている。

「『アンクレットを買いたいんだけど』と言った時にここに案内してくれたらわかってる人だなって思う」(広告・27歳)

「『ロンハーマンで服を買う』と聞いただけで私の中ではアリな人になる」(Webメディアプロデューサー・28歳)

「神宮前横丁ってロンハーマンの近くだよね?と言われるとこいつ色々わかってんだな感を持つ」(PR会社・29歳)

 こうした声もあるように、買い物でここをチョイスすれば、かなりの好印象を与えられる。ただし、ロンハーマンは「見て終わり」という客も少なくない。あえて買う必要はない。

Keii Son(ファッションインスタグラマー)


Keii Sonさん(@sonkeii)が投稿した動画


 写真共有SNS・インスタグラムで人気に火が付き、普通の大学生からアパレル会社を運営するほどになったKeii Son。シンプル&ラグジュアリーがキーワードとなった彼女のファッションを載せたインスタグラムには、熱狂的フォロワーが多く、特に20代前半の若い女性が着こなしの参考にしている。

「私はKeii Sonを意識してコーディネートはオールホワイトにしたり、形・色にインパクトのある一点アクセでメリハリをつけた着こなしをするんですが、『それKeii Sonっぽいね』と男性から言われたら、その人のレイヤーが一段階上がる」(Webデザイナー・24歳)

「『このあいだKeii Sonのインスタにもあがってたけどさ~』と言ってた合コンで出会った大手広告代理店社員。やっぱりチェックしてんだ、えらいねって思う」(アパレル・25歳)

 とのこと。

次ページテイラー・スウィフトの親友のあの人も

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中