マンネリ化したドッキリ番組を10倍楽しくする新提案【コラム二スト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その126 ―

マンネリ化したドッキリ番組を10倍楽しくする新提案 最近のドッキリ企画は、ちょっとマンネリ化してますよね。だいたい落とし穴企画が多いんだけど、いつもロケ地は、東京ドイツ村だから。どんな鈍感なタレントでも、東京ドイツ村に連れて来られたら、うすうす気づくでしょう。そうなると、知ってて知らないふりをする、タレントの演技力を楽しむって、なんか企画の主旨が違ってくると思うんですけど。

 そもそもドッキリものは、アイドルの寝起きを覗くみたいなのは別として、格上のこれはやっちゃまずいでしょ的なタレントに仕掛けるから面白かった。でも最近だと、それも大人の分別なのか、演出なのか、狙ってる感が見えない。そう考えると、ナイナイ岡村が仕掛けた、哀川翔のドッキリは出色だった。これはマジギレでしょみたいなのが、話題となっている。テレビ局のレストランみたいな場所でのドッキリで、ケーキを爆発させて哀川翔の顔やら衣服にクリームがついた。最初きょとんとしていた哀川翔は突如、服をぶん投げて切れまくる。でもね、最終的にはオンエアを承諾しているし、哀川翔も、途中で苦笑いをしてたから、番組として成立したのかなと。どこまで演出で、どこまでマジかわからない。それがドキュメンタリータッチでいいという意見もあるけど、あまり笑えなかったのが痛い。

 哀川翔クラスでもドッキリの餌食になるのか? いや哀川翔クラスだからこそ、マジとシャレのギリギリの線で面白いんだ。まあ、意見はいろいろあると思います。でもドッキリ企画の背後には「ドッキリ旬芸人」「ドッキリ卒業芸人」「ドッキリ通じない芸人」などのキャスティングの妙を楽しみつつも、「イジメ」「ヤラセ」「マンネリ」「芸能界ヒエラルキー」など、マイナス要因が見え隠れする。そういうどろどろした人間関係や、ダークサイドが見えてくると、あまりスカッとしないのも確かです。

 というわけで、ここでドッキリの新企画を提案します。これはドッキリさせたい人を選んで、視聴者に投票してもらうというものです。ただの投票じゃ、やらないので、クラウドファンディングに近い募金活動をやってもらいます。つまりこの人のドッキリなら見てみたいと。集まったお金は、どこぞの慈善団体に、落とし穴に入った人の名義で寄付してもらいます。さすれば、落ちた人も納得するでしょう。

次ページ新企画提案3連発!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中