柏木由紀の初主演舞台「マジすか学園」がスタート。ゲネプロフォトレポート

 7月25日~8月5日に、東京・赤坂ACTシアターにて、舞台『「マジすか学園」~Lost In The SuperMarket~』が上演される。初日を迎える25日の昼には、出演メンバーの囲み取材とゲネプロが行われた。「マジすか学園」が舞台化されるのは今回が2回目。出演するメンバーは、大島涼花、岡田奈々、小田えりな、小嶋真子、後藤萌咲、込山榛香、佐々木優佳里、高橋朱里、田野優花、中西智代梨、西野未姫、野村奈央、福岡聖菜、茂木忍、湯本亜美、そして主演を今回が舞台初主演となる柏木由紀が務める。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1164892

今作では俳優の西岡徳馬も出演し、物語に深みを出している

 本作は、ヤクザとの抗争を描いたドラマ「マジすか学園5」の後日譚。そこにテレビシリーズ2で既に馬路須加女学園(通称:マジ女)を卒業した、柏木由紀扮するブラックが登場する。彼女はシングルマザーとして子どもを育てながらも、謎の覆面戦士として岡田奈々演じるカタブツと共にヤクザたちと戦いを繰り広げる。そして、マジ女の校長にも着任するのだ。

マジ女の校長として赴任してくるブラック

 今回の見どころは、ヤクザやチンピラ役を務める男性俳優との戦闘シーン。とにかくカッコいい彼女たちの姿が随所にあり、お笑い要素の多い舞台とはまた違った緊迫感が伝わってくる。彼女たちは何のために戦うのか。その答えが物語を通して描かれているのだ。

ヤクザとの銃撃戦には注目だ

 主演を務めた柏木は「今回の舞台で、“AKB48の柏木由紀”をすべて捨てたつもりで頑張っているので、ぜひ観に来ていただけたら嬉しいと思っています」と意気込みを語った。そして、役柄に合わせて普段の歌い方とは違った低いトーンでの歌など、違った一面も披露している。

アクションで魅せる岡田奈々

 柏木以外にも、銃撃戦などのアクションシーンで魅せる岡田奈々や初めて茶色に髪を染めた小嶋真子、奇抜なコスチュームで個性を出す佐々木優佳里や福岡聖菜など注目ポイントも盛りだくさん。これを機に彼女たちの戦いを目に焼き付けてほしい。

⇒【写真】はコチラ(ゲネプロの様子)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1164893


取材・文・撮影/日刊SPA!編集部

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中