日本の“リトルブラジル”大泉町ではリオ五輪がまったく盛り上がっていない!?

 来月5日から開催されるブラジル・リオデジャネイロ五輪。南米初の夏季五輪ということもあり、現地の人気サッカークラブの本拠地を陸上競技場に改装するなど、期待の大きさを伺わせるニュースがある一方、テロ計画や窃盗被害が報じられるなど、良くも悪くも盛り上がりを見せている。

日本のリトルブラジルは盛り上がってるのか?


 そのブラジルの位置は日本のほぼ真裏。どんなに早くても時間にして丸一日以上かかるため、あまり馴染み深い国ではないのだが、実は東京から2時間ほどで行けるブラジルがあるのをご存知だろうか。

 それが群馬県は邑楽郡に存在する大泉町だ。県で一番面積が小さい町なのだが、ブラジルをはじめとする南米出身の日系人が1割以上を占めており、異国の様相を呈している。リオ五輪まで2週間を切ったその「リトルブラジル」ではどれほどの盛り上がりを見せているのか、現地をレポートする。

「リオ五輪」の文字は見当たらない


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1165590

 東京駅から館林駅、そこから1時間に1~2本しかやって来ない東武小泉線に乗り換え、目的の西小泉駅へ。改札を抜けると早速「ブラジルを楽しもう」の文字を発見。だが、肝心の「リオ五輪」の文字を探しても見当たらず駅前は閑散としている。駅員に話を聞いたところ「週末はお祭りがあって盛り上がっていたんですけど、普段はこんな感じですよ」とのこと。

 ロータリー周辺では、『ポケモンGO』に興じる日本の子供たちと南米系の住民しか見当たらず、都会にはない新鮮な気分を覚える。歩いてすぐもすると、よくあるコンビニではなく、ポルトガル語で書かれた看板を大量に発見。雑貨店から見知らぬ野菜を置いた八百屋まで、ここが日本とは思えない街並みが広がっている。

次ページ「ああ、そういえばもうすぐ開催でしたね」

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中