朝から「冷水シャワー」を浴びる5つのメリット

 ようやく梅雨が明け、暑い夏にはシャワーを浴びるのが楽しみだという人も多いだろう。目覚めのとき、仕事から汗だくになって帰宅したときに浴びるシャワーは気持ちいいもの。それを「冷水シャワー」に変えてみるのはどうだろうか?

シャワー 恐らく、冷水シャワーを浴びると聞いただけで抵抗のある人が大半ではないだろうか。健康とダイエットに詳しい臨床内科医O氏(33歳)は「朝起きて5分間のシャワーを浴びると、気だるい気分が消え、一日の活力がみなぎります」と説明する。

 だが、効果はそれだけではない。実際、「冷水シャワー」は自然的かつ原始的なもので、今でも世界の何十億もの人が冷水シャワーを浴び続けている。あるアスリートは、回復を促す効果があるとして冷たいシャワーを取り入れ、実際に多くの科学者は冷水シャワーを浴びるメリットを認めている。例えば、激しい運動をした直後に冷たいシャワーを浴びる習慣は、運動の3時間後に冷水シャワーを浴びたグループよりも回復力を高めると海外では報告されている。

 そこで今回は、夏にオススメの「冷水シャワー」5つのメリットを紹介する。

1.目を覚まし、一日を快適に過ごせる

「冷水シャワーを浴びると自然と呼吸が深くなり、酸素を摂取する量が増加するので、脳を刺激してコーヒーを飲まずに目を覚ます効果があります。特に、冷水ではその効果が高い。同時に、血液が臓器に流れ、血の巡りが良くなり、適度な運動をしたのと同じような効果もあります。化粧品メーカーのマックスファクター社による調査では、女性およそ1,000人のうち90%以上もの人が、朝にシャワーを浴びることで1日が快適になると答えています」(O氏、以下同)

2.代謝を高め、脂肪を燃焼する

「冷水シャワーは新陳代謝を上げ、中性脂肪を貯蔵する『白色脂肪』ではなく、エネルギーを燃焼させる『褐色脂肪』を刺激するため、脂肪燃焼の能力が高まります。首周りや鎖骨周辺にある褐色脂肪は、若者や痩せている人に多く、体重でどれくらいの割合か決まります。北欧の科学者による研究では、カラダを冷たい水にさらすことは褐色脂肪の代謝率を15倍も高め、毎朝冷たいシャワーを浴びれば、年間およそ5キロの体重を減少させると言われています」

次ページストレスや病気に強くなる

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中