「ユニクロのレディースパンツ」は男性こそ買うべきオシャレアイテム

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第86回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 レディース品は使えます。もちろんワンピースを着ろとか、ピチピチのレディースサイズのTシャツを着ろってんじゃありません。お宝はパンツ(ズボン)です。

 デザインを除いた場合、メンズとレディースの最大の違いは値段とクオリティにあります。レディースはメンズよりも市場規模が大きく、一型あたりの販売数がケタ違いです。どの業界でも同じだと思いますが、商品は数をつくればつくるほど単価が下がります。一型100点しか売れないメンズよりも一型1000点売れるレディースは価格が安くなるか、同程度の価格でも品質が上がります。レディースブランドのお店で服を物色すると「え? こんな立派なコートが1万円で買えちゃうの??」とびっくりすることがあり、メンズに慣れている人であればより顕著に感じることができるでしょう。

 つまり、今回のように「ファストファッションのレディース品」にこそお宝が眠っている可能性があるのです。それはユニクロであっても同様で、メンズよりレディースのほうが総じて価格に対して出来がいい。とはいえ、いくらコスパがよくても女性向けのデザインをオッサンが着ていたら見苦しく、ワンピースを着ようものなら何を言われるかわかりません。レディース品で賢くおしゃれをするにはポイントがあり、それが「メンズライクなデザインのレディース服」を選ぶことなのです。

 最近ファッション市場は価格破壊が進み、昔よりもずっと手頃な価格で洋服が買えるようになりました。夏のカットソーは1000~2000円程度で良品を購入できることも多く、さほど困ることはありません。ただ「パンツ(ズボン)」はまだまだ高価なものもが多い。カットソーよりもパーツ数が多く手間もかかるため、メンズだと1万円するものも普通です。またパンツはシルエットが命です。カットソーなどであれば「ビッグサイズ」など多少サイジングをいじっても着こなしでサマに見せることができるのですが、パンツは少しサイズが合わないとシルエットが崩れます。ファストファッションでパンツを探しても良品がないのは、そもそも「万人向け」につくってあるぶん、中途半端なシルエットのものが多いからです。

次ページそこでおすすめしたいのが…

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中