リオ五輪まであと4日、ビーチバレー会場はまだ工事中!? “史上最悪の五輪”会場はのんびりムード

 いよいよ開幕まで4日に迫ったリオデジャネイロ・オリンピック。日本では治安の悪さや競技場の整備やインフラの遅れ、ジカ熱などの健康問題が連日のように報じられ「史上最悪の五輪」などと喧伝されていてるが果たしてどうなのだろうか? 2年前のサッカーブラジルワールドカップも同様なことが報じられていたが、蓋を開けてみれば大きな混乱はなく競技が終わった感がある。そのブラジルワールドカップを取材、現地の様子をリポートした記者が再び渡伯。今回も地球の真裏からナマのリポートをお届けします!

リオの象徴、コパカバーナ海岸に現れた五輪マーク


 世界有数のビーチリゾートとして知られ、今回のオリンピックでもマリンスポーツが盛んなブラジルを代表するような競技が行われるコパカバーナ地区。こちらは真冬だと言うのに、日中はさんさんと太陽が照りつけ30度近い暑さ。海岸では海辺で日光浴やサッカーやビーチバレーを楽しむ人で賑わっている。

 そんな白砂の美しい海岸に突如として現れた、ビッグでド派手な五輪マーク。観光客や地元の人、はたまた各国の選手やそれを追いかける報道陣がリポートするのに格好の人気スポットとなっている。

リポート中のアナウンサーの横をガンガン人が通る

 記者が訪れたときも地元のテレビ局がリポートしていた。撮影中にもかかわらずお構いなしに後ろや前を横切るブラジル人観光客。日本だったらADや警備員に止められそうだが、なんともおおらかで自由な空気が流れていた。その後も突如座り込んで、ギターをかき鳴らす者なども。まだ大会が始まっていないからか、外国人観光客というよりは地元の人が多いようだ。

ビーチバレー会場はいまだ工事中


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1169055

奥がビーチバレー会場「注意!大型車両出入口」と書かれた看板の奥は資材置場のようになってた

 その五輪マークからすぐのところの砂浜に突如として現れた巨大な仮設スタンド。ここではリオっ子(カリオカ)に人気のスポーツ、ビーチバレーが行われる。ひと月前には、ここに切断された遺体が漂着するというニュースが伝えられ、世界中を震撼させたが、それを感じさせないほど穏やかな時間が流れている。

 仮設スタンドの足場に近づいて見ると、トンカントンカンと槌音が。中では最終の工事が行われていた。足場の下はヘルメットを被った作業員、警備員、スタッフが、記者が見る限り実にのんびりと作業をしていた。

ビーチバレーのチケット前売り所

 そばのコンテナ施設には人だかりができていた。どうやら入場券の券売所で、ビーチバレーのチケットを買い求める人が列をなしていた。「ブラジルが出る決勝戦のチケットをくれ!」とどなる男性を「決勝戦に出られるとは限りませんから」となだめるチケット係の女性。チケットを握りしめ、その様子を見ていた初老の男性に話しかけると「ブラジル戦は全部売り切れているから、違う日を買った」と言っていたが、「オリンピックの競技を見ることが重要なんだ」と満足そうであった。

金網に囲まれた敷地内に目を凝らすと…

練習していました!

 金網で囲まれた施設に目を凝らすと、練習をする女性チームが。どこの国かは判別できなかったが、こちらは気合の入った練習をしていた。

 元から観光客を狙った犯罪が多く、治安が問題視されているコパカバーナ地区だが、軍や警察の警備の数はかなり多かった。バイクやバギーでの巡回や大人数での常駐警備はW杯時よりも多いほど。前評判が悪いからこそ、その汚名返上に真摯に取り組んでいると感じた。

 今日から閉会式まで、現地から競技や街の情報を含めたナマの情報をお届けします!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1169071

取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中