ポールダンサーの祭典「OMOTESANDO Deview vol.4」レポート

 近年、ダンススタジオも増え、じわじわと女性の間で注目が集まっているポールダンス。そのアマチュアダンサーに活躍の場を与え、新たな才能を発掘するイベントが「OMOTESANDO Deview」だ。4回目となった今回は第二代 表参道クイーンを決めるべく、7月27日café ATLANTISにて行われた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1169636

セクシー&クール!! ポールダンサーの祭典「OMOTESANDO Deview vol.4」レポート 普段なかなか生で目にする機会の少ないポールダンス。オシャレなバーの真ん中にポールが立っているというビジュアルだけでも、素人には異空間だ。まずはMCのREIKOとKAORIが1人6分、計10人のダンサーが出場することなど、ルールを説明。さっそく登場した最初の挑戦者はikaring。ハットとハンドバッグといった小物はR&Bのディーヴァのようだが、引き締まった体から次々と技を決めていく姿はエロいというよりカッコいい! 床から天井までフルに使うパワフルさも素人にはド迫力。さらに新体操のような開脚やエビ反りなど、いろいろな要素が楽しめるのがポールダンスなのだ。

 続いて青く光るヒールが印象的だったFu-min、黒い網の衣装がセクシーなBITAN、バットを手に持ったかげつ、そして和風な衣装と音楽で魅せてくれたnoraと、計5人がダンスを披露したところで第一部は終了。どのコも個性たっぷりで、技術力だけでなく、どう世界観を作っていくのかも大切なのだと感じた。気づけばフロアはオーディエンスでいっぱい。そのなかには仕事帰りと思しきオシャレな女性も多い。蛇のようにポールに絡み、引き締まった体を惜しみなくさらけ出すということから、男子目線ではついついスケベなイメージを持ってしまうポールダンスだが、ストイックに取り組む姿は女性から見てもカッコいいのだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1169640

 舞台をカウンター上に移したゴーゴータイムが終わると、第二部。ベリーダンサーのような衣装のRie、両手に扇子を持ったMIiiA、キラキラした飾りの付いた下着のMarilyn、女教師のようなカッコのMANABIN、超厚底のヒールながら優雅な動きのYuYuの5人がダンスを披露。その後はオーディエンスの投票結果を集計している間にゲストが登場。まずはモルドバ出身の超美人ダンサーDiana。IPCポールダンス世界大会のポールアート部門で優勝したというだけあって、素人目にもスゴさが伝わってくる。続いては「焦らして魅せる」セミストリップショー=バーレスクのMiss Cabaretta。昭和なサウンドに乗せた「ちょっとだけよ〜」な世界はポールダンスとはひと味違った面白さ。ゲストショーのトリを務めたのはミスポールダンスジャパン2015年度チャンピオンのAYAKA。日本一だけあって、始まった瞬間から終わりまで、すべての動きがアーティスティック! もはや芸術の域に達したダンスを見せてくれた。

 イベントの最後はオーディエンスの投票結果の発表。その結果、見事第二代 表参道クイーンに輝いたのはYuYu! これからはポールダンスの講師として活動していくとのことで、このイベントでの挑戦者としての姿は見納めになってしまったが、今後が楽しみだ。柔らかさと強さ、セクシーさとクールさ、アート性とスポーティさを兼ね備えたポールダンスは男女ともに楽しめる。次回は8月31日(水)に開催されるということなので、ぜひ足を運んでみてはどうだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1169650

<取材・文/林バウツキ泰人 撮影/西田周平(24dakun)>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中