真夏のアイドル総まとめ[TOKYO IDOL FESTIVAL 2016]ライブ画像集

 世界最大級のアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」(TIF2016)が5日から7日までお台場・青海地区で開催され、3日間で301組1492名のアイドルが出演、来場者は75978人(5日20094人、6日27669人、7日28215人)と過去最高を記録した。日本全国のアイドルが集結し、お台場の夏を盛り上げた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1177503

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 2010年のももいろクローバー、2011年のさくら学院 重音部(BABYMETAL)をはじめ、これまで数々のアイドルが巣立っていったTIF。「目標は10万人」と語る総合プロデューサーの濵田俊也氏の言葉のとおり、着実に進化と成長を遂げ、ついに7万人の大台を突破。これは日本の音楽フェスティバルでベスト10に入る来場者数となる。これまであまり明言されてこなかった翌年の開催についても「TIF2017の準備を進めていく」と表明し、名実ともに日本屈指のアイドルの祭典として位置づけられた印象だ。初開催ではディアステージ・オールスターズとして出演したでんぱ組.incも、今では最終日の大トリを任されるまでになった。

 ここでは、TIF2016の中でも代表的なステージにスポットを当てて紹介する。8つのステージで同時にライブが進行するフェスである以上、すべてのステージで繰り広げられたドラマを伝えることはできないが、とりわけ筆者の印象に残っているパフォーマンスを写真とともに振り返っていく。

①HOT STAGE(Zepp DiverCity TOKYO)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 TIF2016のメインステージ。日本のアイドルシーンを代表するグループが次々と登場する夢の舞台で、初日のトップバッターを務めた大阪☆春夏秋冬は、TIF2015でヴォーカルの圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスで来場者の心を鷲掴みにしたグループ。AKB48 Team8、こぶしファクトリー、チームしゃちほこ、PASSPO☆、欅坂46、SKE48、NGT48、さくら学院、でんぱ組.incといった第一線で活躍するアイドルをはじめ、中でも7月にメンバーの川島海荷が脱退し、4人体制となった9nineによる気迫のこもったパフォーマンスが印象的だった。

 TIF初心者でどのアイドルを見ていいのかわからない人にとっては、このステージは屋内で涼しく注目のアイドルが続々と登場することから、まずはここで勉強してみるというのもTIFのひとつの楽しみ方だろう。

②SMILE GARDEN(フジテレビ湾岸スタジオ横 公園)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 湾岸スタジオ横の公園に位置し、まさに「夏フェス」感が満載のフリーステージ。多くのアイドルファンが集い、朝はラジオ体操から各グループの歌姫によるコラボライブまで……数々の伝説を生んできたTIFを象徴する舞台だ。初日のトップバッターはAKB48 Team8で、TVアニメ『おそ松さん』の主題歌を歌ったA応Pも登場。2日目は、野球をコンセプトにしたグループのコーナーや満を持しての出演となった欅坂46、その他にもTIFならではのさまざまなコラボが実現した。

③SKY STAGE(フジテレビ湾岸スタジオ屋上)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 2011年からアイドルとファンに愛されてきた、日中は暑いが開放的で風が心地よいTIFの名物ステージ。5日のDorothy Little Happyのステージでは、出番が前後の愛乙女★DOLLのメンバーと寺嶋由芙とコラボし、5人で『恋は走りだした』を披露。6日には元アイドリング!!!の横山ルリカと佐藤麗奈(マジカル・パンチライン)が懐かしの湾岸スタジオに凱旋し、2012年以来4年ぶりの出演となったひめキュンフルーツ缶は当時のオープニングを再現し『iの奇蹟』を披露した。

 時間帯によって趣を変えるお台場の景色とパフォーマンスの一体感はここでしか味わえない。青空の下、歌い踊るアイドルの姿は何倍にも輝いていた。

④SHIP STAGE(船の科学館エリア)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 新エリア「船の科学館」に設置された海に近い新ステージで、夏のお祭りらしい雰囲気に。2010年ぶりの佐々木彩夏 (ももいろクローバーZ)の登場やコラボライブ、「HOT STAGE」に次ぐ人気アイドルの白熱ライブが繰り広げられた。

⑤DOLL FACTORY(フジテレビ湾岸スタジオ屋内)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 今が旬の若手グループを中心に、15分ごとに次々とアイドルが登場するステージ。TIF2011ではメインステージとして使われていたことから、ここ数年でアイドル全体の人気とグループ数が一気に拡大していったことがわかるだろう。

⑥FESTIVAL STAGE(ダイバーシティ東京プラザエリア)

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 お台場を象徴する「ガンダム立像」お膝元のステージ。商業施設に隣接し、人々が行き交う独特な雰囲気のなか、2012年のSMILE GARDENで話題を呼び、今も語り継がれる新潟のアイドル・RYUTistも登場し多くのファンが駆けつけた。

 これら以外にもさまざまな写真でTIF2016の様子をお届けするので、アイドルファンならずとも多くの人にTIFの魅力を楽しんでもらいたい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1177518


brma_nikkan<取材・文/北村篤裕 撮影/林紘輝 我妻慶一>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中