うさまるがお出迎え!この夏、大人気「うさまるカフェ」へGO!

LINEスタンプで人気の「うさまる」をモチーフにした可愛らしいフードメニューも人気!

 若い女性を中心にLINEスタンプで大人気の「うさまる」。そのうさまるをテーマにした「うさまるカフェ」(https://usamaru-cafe.jp)が7月7日から8月7日まで原宿に期間限定でオープンし、連日満席の賑わいで大きな話題となっている。東京は全席満席のうちに終了となったが、この夏、

うさまるカフェ@大阪……7月27日(水)~8月28日(日)
うさまるカフェ@福岡……8月4日(木)~8月28日(日)
うさまるカフェ@名古屋……7月28日(木)~8月31日(水)

と東京以外の3都市でも開催している。

 7月、原宿のうさまるカフェを訪問したところ、建物の窓、2Fへ上る階段と、早速うさまるがお出迎え! また、うさまるをモチーフにした、食べるのがかわいそうになるフードメニューから、ここでしか買えないオリジナルグッズまで、店内はうさまる一色!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1170289

うさまるがお出迎え!この夏、大人気「うさまるカフェ」へGO!

うさまるカフェがある建物の窓にも、うさまる!

 6月に東京の事前予約が開始されものの、すぐに満席になるほどの人気ぶりだったという。なぜ、うさまるはこれほどの人気なのか? LINE株式会社のうさまるライセンス担当者に聞いた。

「うさまるは、見た目のかわいさはもちろんのこと、ゆるさや癒し、シュールさなどさまざまな側面を持っていることが魅力となり、特に若い女性のユーザーの皆様にはLINEスタンプを愛用いただくなど、多くの方からご好評をいただいています。そして、より多くの方に『うさまる』の魅力をお伝えすべく、うさまるカフェを始めました。もともと、うさまるスタンプではうさまるが何かを食べているシーンが多く使われていました。そこで、作者のsakumaruさんが描き下ろしたカフェオリジナルのイラストを用意し、フードメニューやオリジナルグッズに盛り込みました」(LINE・うさまるライセンス担当者)

 店内ではオリジナルグッズも販売しており、ICカードなどを入れられるパスケース、クリアファイル、キーホルダー、マグカップなど、どれも可愛らしく欲しいグッズばかり!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1170302

「各店舗とも土日は予約で埋まりつつありますが、店舗によっては平日はまだ予約が取れる状況です(東京は全席満席にて終了)。予約限定特典で『オリジナルメイソンジャー』のプレゼントもありますので、席が埋まってしまう前にぜひご予約ください。うさまるがお待ちしています!」(LINE・うさまるライセンス担当者)

 地方に住んでいる人はもちろんのこと、東京で行けなかったうさまるファンは夏休みに旅行も兼ねて大阪、名古屋、福岡のうさまるカフェへ行くのもよさそう!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1170308

<取材・文・撮影/日刊SPA!うさまるカフェ取材班>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中