『秘密結社 鷹の爪』の10周年記念映画『鷹の爪8~吉田くんの×(バッテン)ファイル~』は本当に劇場版8作目なのか?

 フラッシュアニメ『秘密結社 鷹の爪』が10周年イヤーを迎え、記念ムックの発売、10周年記念映画の公開など多くの話題を振りまいている。

 8月20日に先行公開される10周年記念映画のタイトルは『鷹の爪8 ~吉田くんの×(バッテン)ファイル~』で、『鷹の爪』の人気キャラクター「吉田くん」の子供時代のエピソードを描いた作品だが、実は「劇場版映画」の8作目ではない。

 2006年4月にテレビ放映された『鷹の爪』は翌2007年3月には映画第1弾『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~』が公開。映画はヒットしシリーズ化されていったが、監督などを務めるFROGMANたちは「今回を入れれば8本の映画を作ってきた」と言い張る。だが、劇場公開された映画は今回を入れて6本しかない。

 こんな事態を生んでいるのは「4」と「6」のときの「現場のノリ」のせいだ。まず、DXファイターが主人公の「映画第4弾」である『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE4 ~カスペルスキーを持つ男~』は、映画第3弾のDVDに収録されている作品。「DVDのおまけに映画つけちゃおうぜ!!」というノリで作製された。

 だが、こちらは一応収録時間45分。『鷹の爪』においては長編作品と言って過言ではない。問題は「映画第6弾」だ。わずか13分、しかも唐突に田原俊彦のプロモーションビデオが流れて終わるという『鷹の爪6 ~島根は奴らだ』は映画第5弾の上映時に無料配布されたもの。これって「映画」なの?

「ギャグアニメにナンバリングなんか関係ない」と笑うFROGMAN

「あー、まぁ、そうっスね。厳密に言うと5作目なんですけども(「7」も劇場では公開されたが無料公開作品)、まぁ、ギャグアニメなんでいいじゃないですか、ナンバリングなんて。そもそもナンバリングになんか意味があるのか、と。あとで見返したときにそれが1番だろうが、5番だろうが、6番だろうが、『鷹の爪』はどこを切っても面白いわけですから」(FROGMAN)

 若干、逆ギレ気味なコメントをもらったが、そもそも常識破りな展開を繰り返してきた『鷹の爪』にナンバリングがどうだなどと聞くほうが間違いだったのかもしれない。

【10周年記念ムック発売中】
「クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史 」

特別付録では「鷹の爪団の秘密基地の全貌」を描き下ろしイラストで大公開

【8月6日には秋葉原でFROGMANのサイン会も!!】
有隣堂 ヨドバシAKIBA店にて8月6日(土)14:30~
詳しくは以下へ!
http://www.yurindo.co.jp/tokyo-akihabara/13323
<取材・文/日刊SPA!取材班>

クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史

『秘密結社 鷹の爪』の10年の歴史を総ざらい!!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中