死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

『おかねのかみさま』44回めです。

今回も六本木SLOW PLAYで書いてます。

※⇒前回「ボリボリ」


〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
杉ちゃん(杉) ITベンチャー社長。ヒットアプリ「アリファン」を運営

〈第44回 皿回し〉
渋谷区桜丘 アリファンカンパニー

「ちょっとまっててくださいね。つーかなんで急に40%もDAUおちてんのよ?なんかした?」

「社長…あれです…ポケモン…」

「ぽけ…あーーーーーーーーーあれか。マジか。え、どうすんのよじゃあ。午前中に証券会社に言っといた来期の数字とかクリアできないじゃん。どーすんのこれ?」

「詫び砂糖とかバラ撒きましょうか?あとは、SSRアリンコの出現率をいじるとか、時間帯限定でガチャ回数を増やすとか…」

「でもさ、それって効果あるんだっけ?いままでそれやってどうだった?」

「効果ありました」

「じゃ、全部やって。できることぜんぶ。いまのタイミングで数字が変わるのはヤバイ。予定が狂っちゃう。つーか全部やり直しになる」

「わかりました」

「ポリポリ…」

「……」

「ゲンキダシテ…」

「ありがとう…一本いただきます…」

「ドウゾ」

「あなた…お名前は?」

「ニガミデス。ガミチャンッテヨバレテマス」

「そうか、ガミちゃん、いま聞いたことは誰にも話しちゃだめだよ」

「カシコマリマシタ」

「こんにちはー」

「あ!かみさま!」

「なんとなく来ちゃいました」

「いやほんと、マジで、すごいタイミングに来てくださいました。たいへんなんです。少し先の不幸にゆっくりと吸い込まれていくような、意識はしっかりとしてるのに、死ぬことが決まっている沼に沈んでいくような…」

「まぁ、会社やってるといろいろありますからね。そちらの方は?」

「銀座のお店のニガミさんです」

「ガミチャンデス」

「そうですか。はじめまして」

「かみさま、どうしたらいいんですかね。こういうとき」

「どうしたんですか?」

「今日もたくさんくるかなーって思ってたお客さんが半分になっちゃったんです」

「こまりましたね」

「ディーエーユーデス」

「なるほど。なにか対策は?」

「ぜんぶやりました。結果はまだですが、ある程度の効果は見込めるんじゃないかと」

「そうですか。それでは気長に待ちましょう」

「そうも言ってられないんです。監査法人はまた明日くるし、主幹事証券会社のうるさい人も明後日くるし、夏のボーナスは超えたけど、オフィス移転に伴うもろもろの支払いがガーっと来る感じでして…」

「おや、移転?」

「はい。もうちょっと坂の上のほうに3倍広いところを借りまして…」

「3倍」

「はい…卓球台とかコミュニケーションスペースとかお昼寝部屋とかもありまして…」

「なるほど」

「いずれも今季の数字を元にグイグイ発注してしまったものですから、えーとどうしたらいいですかね」

「過去の予定と現在の状況に乖離があるんですね」

「はい…」

次ページ「将来の見通しは?」


※連続投資小説「おかねのかみさま」第1回~の全バックナンバーはこちら⇒

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中