妊活経験男子の「不妊治療あるある」――採精室では男の見栄と葛藤が交錯する

村橋ゴロー氏

村橋ゴロー氏

 3年に及ぶ不妊治療を経験した筆者がお送りする「誰も教えてくれなかった不妊治療の世界」。前回、“本当は笑える「不妊治療の世界」”をお送りしましたが、今回は一歩突っ込んだ“不妊治療あるある”をご紹介したいと思います。

 治療経験者なら思わず「あるある!」と共感し、未経験者なら「へ~」と新たな世界を知ることとなるでしょう。とかく深刻な顔で語られがちな不妊治療ですが、中に入ってしまえば、それはもう驚きと笑いの連続です。さて、不妊治療あるあるの中身とは!?

採精時、どんなオカズにしようか悩みがち


 人工授精や体外受精といった治療を受ける場合、まず採精が行われます。自分の精子を提出するわけですが、やり方はひとりHです。ではそのオカズに何を選ぶのか? ここで非常に悩むわけです。これが通常のひとりHなら、好きなオカズをたらふく食えばいいだけですが、ここは言うても神聖な不妊治療です。もしあなたがゴリゴリのハードMで、ペニのバン的なものを愛用していたとしても、それ系のDVDをオカズにできるでしょうか? それこそ「生殖医療への冒涜だ」と胸を痛めるに違いありません。

 そこまで極端なプレイを嗜んでいなくても、例えば素人ナンパものもNG。これは変態性は薄いものの、我が妻との子を夢見ているのに「素人女性で果ててしまう」のは、何か浮気をしてしまった罪悪感に陥ってしまいそうです。筆者も採精の際、大好きな『SODガチナンパ』のDVDを泣く泣く棚に戻した記憶があります。

 他にも「胸がコンプレックスの妻に悪いから巨乳モノはNG」など、採精となると途端に繊細になりがちな男の性。とにかく、「癖(へき)が薄ければ薄いほど、採精のオカズにふさわしい」と考えてしまうのです。こうやって散々オカズ選びに悩んだ挙句……

~単体女優抱き合わせの4時間総集編モノに落ち着きがち~

 どんなオカズであれ出てくる精子に変わりはないのに、男心というのは妙に生真面目なものなのです……。

次に、採精室あるあるとは?


 上記の「あるある」は自宅での採精でのものですが、これがクリニックでの採精となると、また別の生真面目さというか、男の見栄みたいなものが出てきまして……。その「あるある」がこちら。

~早漏だとバレないように、採精室で時間かせぎがち~

 看護師さんもそんなことを気にするはずもなく忙しくしてるでしょうし、誰に対しての見栄なのでしょう? もう書いてて泣きたくなります。

 しかし筆者は拙著『俺たち妊活部』を書く際、101人に及ぶ妊活経験者を取材したのですが、そのなかで「コトは終わっているのですが、早漏だと気づかれないよう、最低15分は採精室に籠っていました」という男性に多く出会いました。かくいう筆者も、10分は粘っていましたが……。

次ページオナ禁は何日が正解!?

俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中