【リオ五輪現地レポ】サッカー・ブラジル戦パブリックビューイング会場はいろんな意味で寒かった…

 ブラジル代表は、3日(現地時間)女子が中国に3-0で勝ち、テレビや新聞は「とにかく開幕戦で勝てて良かった」と評した。それほど開催国のプレッシャーがかかっていると言える。

 今日、男子サッカーの行われる4日、そして開会式が行われる5日はリオ市は公休日、要するにブラジル五輪代表の試合日はお休みということである。W杯のときもそうだったが、代表の試合がある日は「休み」。つまりこの国がサッカーというものがいかに重要と考えているかがよく分かる。

 記者はこの日を、リオの中心街から徒歩15分くらいにある「シダーヂオリンピコ」(オリンピックの街)に設えられたパブリックビューイングで見ることにした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1172651

港湾地帯に建てられたパブリックビューイング会場

 この「シダーヂオリンピコ」はリオの港を再開発した地域で、倉庫や港湾施設をリフォーム、リオ五輪の関連施設や参加各国のブースやスポンサーのPRブース、そしてさまざまな競技を大型ビジョンで観れるパブリックビューイングがある。W杯のときはパブリックビューイングがコパカバーナの海岸にあり非常に盛り上がった経験があったので、楽しみにして出かけた。

右奥に見えるのが「明日の美術館」(Museo do Amanha)。リオでも人気のオシャレな現代美術館。

 道中、地下鉄では黄色いユニフォーム姿の人がちらほらいたが、W杯の比ではなかった。パブリックビューイング会場もびっくりするほど人が少なく、黄色や緑のものを身に着けている人もわずか。試合開始とともに徐々に人が集まってきたが、「話題のスポットに観光ついでに来ました」といった感じの人が多かった。

目立つサポーターはごくわずか

 試合前は地元テレビがいわゆる「派手な格好をしたサポーター」にインタビューをしていたが、そんな人が少なく、取れ高に困り気味。

 試合はご存知の通り、0-0のスコアレスドロー。前半は会場は試合に集中していたが、ブラジル代表のできのひどさに前半で帰る人が続出。後半はネイマールが再三のチャンスをつくるも相手守備もあって決定的な場面を逃すと、ため息が続出。上空を飛び回るドローンが、冷えた試合の観客を盛り上げた。

観客の表情は芳しくない。ゴールの瞬間の騒ぎを狙っていた報道陣は肩透かしに終わった

 試合が終わると、あちこちからブーイングが。しかし、とくに混乱などはなく、皆粛々と会場をあとにする。地元テレビ局も観客にインタビューしていたが、意外と素通りされていた。コカ・コーラや日産などオフィシャルスポンサーが配るノベルティのブースには行列ができ、イベントとして盛り上がっていた。すっかり日が落ちた夕方の港は風が冷たく、いろんな意味で寒かったのが印象的だった。

取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

この特集の記事一覧

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中