TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 にAKB48 Team8が初参戦!

 5日に東京台場、青海地区で開幕した世界最大級のアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」(以下、TIF2016)。屋外ステージの1つ「SMILE GARDEN」のトップバッターを飾ったのが、TIF初参加となる「AKB48 Team8」(以下、チーム8)だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1173005

AKB48 Team8

「SMALE GARDEN」にトップで登場したチーム8

 47都道府県の代表各1人によって構成されるチーム8。彼女たちの代表曲「47の素敵な街へ」でライブをスタートさせると、大歓声があがった。2曲目「希望的リフレイン」、3曲目「Everyday、カチューシャ」とヒット曲が続き、ますますヒートアップ。

北海道代表・坂口渚沙

 さらに北海道代表・坂口渚沙が「チーム8は“会いに行くアイドル”として活動していますが、今日はSMILE GARDENの皆さんに会いに来ました」と宣言すると、炎天下の会場のボルテージは早くも最高潮に。

福井県代表・長久玲奈

 「夢へのルート」「ポニーテールとシュシュ」「大声ダイヤモンド」と続いた後には、NHK名曲「365日の紙飛行機」を福井県代表・長久玲奈ギター演奏とともに披露。ラストは再びチーム8のオリジナル曲「制服の羽根」で、トップのステージを締めくくった。

午前とはうって変わり、しっとりとした曲調で幕を開けた

 夕方16時には、会場をZepp DiverCityの「HOT STAGE」に移して2回目のステージ。期待感から会場が異様な熱気を発する中、午前中にもギターを演奏した長が、今度は「ポニーテールとシュシュ」の弾き語りを披露し、しっとりとした幕開け。

 しかし、直後の「47の素敵な街へ」では、メンバー自らミックス“ガチ恋口上”を披露し、テンションは一気に加速。「夢へのルート」、「君のことが好きだから」、「大声ダイヤモンド」、「制服の羽根」と続き、「ひこうき雲」で締めた。

TIF初日を大盛況のままに終えた

 最後は鳥取県代表・中野郁海が「チーム8が頂点に立てるように頑張ります」と意気込みを語り、ファンの大声援の中でチーム8のTIF初日は幕を閉じた。

<取材・文・撮影:日刊SPA!取材班>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中