開会式直前、最後の聖火リレーに行ってきた!【リオ五輪】

 ブラジル国内約270の都市を巡ってきた、聖火リレーは市内に入った。有名観光地を含む、風光明媚な場所を、ブラジルの有名人や一般人が聖火を持って走っている。目下、開会式の最終走者は誰かと、話題になっており、大半のメディアや市民は、サッカーの王様ペレではないかと予想している。

聖火リレーは最終日に

 開会式を今晩に控えた今日、2つのコブの奇岩で有名な観光地「ポン・ヂ・アスーカル」の麓から、海沿いを走る、市街地を走る最終のリレーがあると聞き、現場を訪れた。

 午前11時から開始と聞いて、念のため朝10時に現場に到着してみると、人もまばら。移動に使ったタクシーの運転手に聞くと「聖火リレー? もう終わったよ。こないだ通ったばっかりだよ」とにべもない。ポン・ヂ・アスーカルに上がるロープウェイ乗り場の下でロケをしていた現地のテレビ局のリポーターに聞くと、「確かに今日ある」と言う。

 ひとまず胸を撫で下ろしつつ、待つこと2時間。ようやく沿道に観客が増えてきたが、皆本当にここで聖火リレーがあるか不安らしく、口々に「本当にあるのかしら?」と言う。デカイカメラを下げていた記者に「お前はここで何をしてるんだ? ここで何があるんだ?」と聞いてくる若者もいる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1173013

人もまばらで半信半疑だった

 12時半頃、あたりが急に騒がしくなってきた。ヘリコプターが上空をブンブン飛び回り、警察や軍隊が一気にやってきて、通りを制圧し始めた。

 スポンサーのトラックが横付けされたと思ったら、聖火を模したバルーンスティックをお姉さんが配り始めた。

聖火型のバルーンスティックもらいました!

 一気にテンションが上がる通り。子どもたちはもらったバルーンスティックでバンバン殴りあいながら、聖火の到着を今か今かと待っている。

突然第1走者が現れた!

 13時、先頭のトラックから人が降りたと思ったら、それが今日の第一走者であった。観客の熱狂からして有名人だと思うが、その観客は聖火ランナーに自分のスマホを渡して、彼を含めて自撮りをしている。なんという図々しさと思うが、ここでは皆スマホで写真を撮り合っていた。周りは警察や軍だらけ、安心してスマホを出せる環境だ。

 先回りして第2走者のリレー場所へ。こちらは一般人だが、地元の女子高生であった。聖火リレーができることが嬉しくて仕方がないらしく、キャッキャとはしゃいでいるのが印象的だった。

「頑張って!」と声を掛けると笑顔で応えてくれた

 しかし、印象的だったのが聖火リレーの警備体制。マシンガンを持った軍隊や警察が遠巻きに警備し、聖火に随走するのも警察官。今回のリレーで数々の妨害にあってきたゆえ仕方がないのかもしれないが、日本人の私からすれば「ものものしすぎてちょっと怖い」くらいだった。果たして4年後はどういった警備が行われるのだろうか。ちょっと興味深い。

軍隊がガッツリガード

 聖火はこのまま開会式へ向かった。果たして誰が最終走者となるのか? 明日は開会式のレポートをお送りします!

取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中