【タイ駐在日本人妻の不倫事情】子なし妻と単身赴任男がもっとも危険な関係に…

 ベッキー騒動がいまだ尾を引く日本では“絶対悪”として取り上げられているが、昭和時代に比べてはるかに一般的になった感は否めない“不倫”。それは、ここタイでも同様。しかも子どももいる在タイ日本人妻たちが、日常的に不倫しているというから驚きは隠せない。合コンに参加し、ときに乱交まがいの行為に及ぶ話も耳にする。

駐在妻 タイの場合、夫である駐在員は、叩けばホコリが出るのは周知の事実だと思う。駐在員には“出張者のアテンド”という大切な業務がある。その内容は、昼はゴルフ、そして夜は食事とその後の“お楽しみ”。それはカラオケであったり、ゴーゴーバーであったり、言い出せばキリがない。日本でカラオケといえば、カラオケボックスなどを想像するかもしれないが、タイでは、お店の女の子を指名し(ときには100人クラスを揃える店も)、イチャイチャしながらカラオケを楽しみ、“アフター”に行くことが公然の事実となっている(形式上は自由恋愛という体裁だが)。

 一方、奥様側からすると「なんで私が家事や育児をしているのに、ダンナは平然と遊んでいるんだ!」という感情が発生する。夫からすれば、本社の社長や役員クラスが来ることもしばしばあるため、非常に大切な業務なのだが、妻とすればおもしろくない感情を抱くのは当然だ。

日本人同士が出会う場所とは?


 そこで今回はタイで生活し、不倫事情に詳しいある駐在員の奥様に、“妻たちの反乱”の実情を聞いた。Yさん(仮名)は、タイで5年間生活し、夫は商社勤め。小学校低学年に子どもがいるものの、平日も「お手伝いさんに子どもの世話は任せて」飲みに行ける環境だという。

 Yさんが平日も飲みに行ける状態だったため、自ずと同じような境遇の奥様たちと仲良くなった。特に子どものいない奥様は奔放になりがちだ。知人のHさんは36歳。永作博美似の愛嬌のあるルックスで、日夜一緒に飲み歩いていた。「今思えば、彼女は男性との出会いを求めていたんでしょうね」とYさんは振り返る。ワインバーなどで知り合った男性と飲み会と称した合コンを重ね、ときに単身で来る駐在員(日本には妻がいる)の家でホームパーティを行い、特別仲良くなった男性と個別で逢瀬を交わしていたという。当然、Hさんにも夫がいるため、それもまた火遊び程度にとどめていた。不倫した男性も日本に家族がいたため、互いに都合のいい関係だった。

 合コン仲間の他2人もHさんのように火遊びに興じた。彼女たちは半ば平然と不倫をしていたチームのようなものだったわけだが、そのうちの1人のMさん(31歳)も不倫に走った。Mさんの夫は大手消費材メーカーの御曹司。夫がタイの風俗にハマったことで、夫婦関係は完全に冷えきっていた。すると、Mさんもホームパーティや合コンで知り合った男性とデートを重ね、当たり前のように肉体関係に発展することも多々あった。すでにMさんは日本に帰国したが、夫が御曹司ということもあり、現在も夫婦関係は続いているという。火遊びパターンの典型ともいえる。Hさんにも共通しているのは、やはり相手は奥様がいる駐在員だったという。

 Mさんの友人のAさん(35歳)もホームパーティで知り合った、妻子持ちの単身社長と本気で恋に落ち、一時は離婚まで考えた。彼女は「最後まで向こうも本気だった」と豪語していたらしいが、Yさんは「怪しいもんですよ(笑)」と一蹴していた。

 タイでは、子どもの進学を考慮し、単身で出張に来る駐在員も多い。そして、彼らは単身で高級ホテル並の生活をしているため、ホームパーティなども簡単に行うことができる。タイの六本木ヒルズのようなところに一人で住んでいれば、夜な夜なパーティを開催したくなるのもわからなくもない。タイ人女性との遊びに飽きた駐在員は、しばらくすると日本人女性を物色しはじめ、夫との関係が冷えきった駐在員妻は都合がいい相手となる。ときに育児から離れ、一人の女として見られたいという願望は、タイでも日本でも変わらない。ましてや都合がいい相手であればリスクも少なく、不倫が横行するのは、自然なことだろう。

避妊用リングを装着。突然の出会いと別れ


 一方、平和な家庭にも突然の“ハプニング”がやってくることもある。大手商社勤めの夫を持つRさん(36歳)は、子どもが2人いて、一般的な暮らしをおくっていた。前職の友人女性がバンコクに来る際に久々に飲むこととなり、バンコクに住んでいた友人男性を誘って、食事に出かけた。その友人男性がさらに男性の友人を連れてきたため、いわゆる2対2の合コンのような状態に。その初めて出会った男性とRさんはLINEを交換したことがきっかけとなり、その後も食事に行くことが続いた。そして、一緒にホテルのバーで飲んでいるときに「部屋を取ってある」と言われ、ついに男女の関係になってしまった。実はRさんは、過去に夫に浮気をされたことがあり、「いつか仕返しをしてやりたい」という願望を持っていた。その後も男性との関係は続きながらも、夫との夫婦仲に影響はなく、ついにRさんは自分の体内に避妊用のリングを装着し、非常時に備えた。しかし、そんな蜜月にも終わりが来て、男性の帰国と同時に火遊びは鎮火した。

次ページなぜ不倫に走るのか?タイ特有の事情があった

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中