アニメ『秘密結社 鷹の爪』制作者・FROGMANを成功に導いた妻の一言

 人気フラッシュアニメ『秘密結社 鷹の爪』シリーズが、今年で10周年の年を迎えた。それに関連して、ムック本『クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史』(扶桑社)の発売や映画『鷹の爪8 ~吉田くんの×(バッテン)ファイル~』の公開が決定している。

 人気を獲得した今でこそ、多くのスタッフが力を合わせて制作する『秘密結社 鷹の爪』。しかし、最初期の『秘密結社 鷹の爪』は、そうではなかった。監督、脚本、キャラクターデザイン、録音、FLASH制作、編集、声優などすべてを、「FROGMAN」という男1人でこなしていたのは、ファンの間では有名な話だ。

 このように、孤軍奮闘でアニメ業界をのし上がってきた感もあるFROGMAN氏。制作の大部分を自分1人でやってのけてしまう孤高のクリエイターというイメージだ。しかし、実は、『秘密結社 鷹の爪』成功の陰には、ずっとFROGMAN氏を支え続けてきたある人が存在する。その人とは、FROGMAN氏の奥さんである。6日、有隣堂 ヨドバシAKIBA店にて開催された「クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史」刊行記念のサイン会直後、FROGMAN氏本人が話してくれた。

読者1人1人に丁寧に話しかけるFROGMAN氏。かなり神対応な印象

「フラッシュアニメで仕事ができるようになったのは、奥さんのおかげです。子どもが出来たのに仕事がなかったとき、『バイトでもやろうかな』と奥さんに話しました。すると、『アルバイトをするために島根に移住してきたんじゃないだろ。ぐだぐだ言わずに、作品作りに打ち込め』と奥さんに言われたんです。それで、僕はフラッシュアニメを作り始めました」

 そもそもFROGMAN氏がフラッシュアニメを知ったのも、奥さんの稼ぎで暮らしていた時代、奥さんに保険を解約して買ってもらったパソコンという逸話もある。奥さんの助言が功を奏した例はほかにもあるという。

「(『秘密結社 鷹の爪』のプロジェクトを)いっしょにやっている会社と仕事を始めるとき、社長が、『あなたの作ってる作品からブランド名から、なにからぜんぶ買い取らせてくれ』って言ったんですよ。最初、『えーー買い取る? 著作権もぜんぶ譲るのか』と思って及び腰になりました。そんなとき、奥さんから、『嫌だって言ったら、向こうも全身全霊で、仕事をしてくれなくなっちゃう。信用してもらうためには、相手も信用しなければいけない』と言われました」

 その奥さんのアドバイスを受けて、社長に権利をぜんぶ渡すようFROGMAN氏は決意。「そうしたら社長もなりふり構わず、全面的に『秘密結社 鷹の爪』を売り出すために頑張ってくれた」という。その結果として、いまの『秘密結社 鷹の爪』のヒットがある。

「僕にとって、奥さんはラッキーアイテム」だとFROGMAN氏は教えてくれた。「助言だとかなんだとかっていうのを的確に言ってくれて、支えになっています。(フラッシュアニメを作って、『秘密結社 鷹の爪』でうまくいったのは)彼女のおかげではありますね」。

⇒【写真】はコチラ(サイン会の様子)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1174679


<取材・文/赤地則人>

クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史

『秘密結社 鷹の爪』の10年の歴史を総ざらい!!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中