フェラーリの新車が実質0円で乗れる!? 金持ちにしかできないクルマ錬金術

 金持ちには、金持ちしかできないクルマの乗り方がある――富裕層のクルマ事情は驚きの連続だ。

高級車をタダ乗り!? 富裕層のクルマ事情「新車のフェラーリの購入を検討しています。GT488スパイダーは車両価格が3450万円、これに付けられるオプションは全部載せる。支払いはざっと4500万円近くになりますが、購入後1年ちょっと乗ってもこの値段か、下手したらプラス200~300万円で売却できることもある。注文してもすぐ納車されるものでないから、フェラーリの新古車はタマ数が絶対的に少ないため、買ったとき以上の値がつくんです」

 とは、週刊SPA!連載でもおなじみの猫組長。弟分である“人買い”こと井上氏と揃ってフェラーリの新車を購入準備中というが、憧れのクルマに実質タダで乗れるとは、まさに驚きだ。

 海外にまで目を向ければ、この手法はさらに広がりを見せる。エンジェル投資家の玉井俊太郎氏が語る。

「アルファードやヴェルファイアといった日本の高級ミニバンは東南アジアで大人気です。上位モデルにサンルーフやサラウンドスピーカー、本革シートといったオプションを搭載したモデルを日本で新車で買い、1年ほど乗った後に香港やシンガポールなどに輸出すると、購入時よりも100万円単位で高く売れることがありました。なにせ向こうでは日本車が3倍の値で取引されることもありますからね。東南アジアへの新車輸出は関税が高く、中古車になると税率が下がるため、“高級ミニバン投資法”が通用するのです。現在、シンガポールにはトヨタの直営店ができてしまったり、トレンドのうつろいも早いのでギャンブル的な要素は否めませんが、知識として所有物の資産価値をグローバルに見ることは意義があるのでは」

 高い買い物はリセールバリューを考慮したうえで決断する。こんな思考方法を持つことで一流品が結果タダになるのかもしれないわけだから、ぜひとも取り入れてみたい。〈取材・文/週刊SPA!編集部〉

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中