サッカー日本代表の初勝利に大喜びのブラジル人たち…日本戦&ブラジル戦を観てきた

 現地時間10日、1次リーグ最終戦ととなる日本×スウェーデン、ブラジル×デンマーク戦を観るためにリオから1400km北東の都市、サルバドールを訪れた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1177606

ペロウリーニョ広場

先日福山雅治もテレビのロケで訪れた、世界遺産・ペロウリーニョ広場

 このサルバドールという都市は、ブラジル最初の首都で、教会など歴史的建造物が世界遺産に指定され、サンバやカポエイラが生まれた、ブラジルの精神や文化が生まれた街といっていい。

 この日の試合はダブルヘッダー。最初に日本戦があり、そのあとブラジル戦があるという記者にとっては願ってもないカードだ。日本の戦いぶりはご存知の通りだが、ブラジルも大苦戦、初戦の南アフリカ、2戦目のイランとも0−0のスコアレスドローに終わっており、予選敗退の危機が叫ばれていた。

 連日テレビや新聞は男子サッカー代表の話題でもちきり。あっさりと予選通過を決めた女子代表を引き合いに出し、「男らしくない、弱気なサッカー」とこき下ろしていた。とくに不調のエース・ネイマールに対するバッシングはひどく、「オカマ野郎」と揶揄するメディアまで現れたほどだ。

 街に出て現地の人とサッカーの話をすると、無得点のチームを嘆いていた。記者が「日本は4点とったのに5点取られて負けたよ」と嘆くと、「それでも4点取っただけいいじゃないか。ゴールのないジョゴ(=サッカーの意味)はジョゴじゃないよ」と自嘲する者や、「もう予選敗退してしまったほうがいい」と言う人まで……陽気なブラジル人を悲観的にするサッカーの魔力たるや、日本人の記者には想像が及ばない。

 当日、19時からの日本戦に備えて宿を1時間前に出た。記者が宿泊するペロウリーニョ地区から会場のアレーナ・フォンチノヴァまでは徒歩15分ほど。夕暮れ時にちょっと危ない地域を通るため早足になったが、無事スタジアムに続く通りに到着。大通りは警察、軍隊、警備員がびっしりとおり「安全」をアピールしているかのようだ。

 軍隊によるボディチェックと荷物チェックを受ける。ブラジルではサッカーを見に行く際は「手ぶら」で行くのが常識なので、カメラの入ったバッグを持っていた記者は入念なチェックを受けるはめに。それでも最後に「ボン・ジョゴ!」(よい試合を)と言ってくれるのが気持ちがいい。その後幾度とチェックポイントがあったが、皆が「ボン・ジョゴ!」と言って送ってくれる。

ガラガラの日本戦

ガラガラの日本戦

 18時すぎに競技場に到着するが、7万人入るスタンドはガラガラ。日本人サポーターが目立つ程度で本当に人がいない。いつも混み合ってイライラする、飲食ブースのお姉さん方も頬杖をついている。大音量で流されている音楽が反響し、けっこう耳にくる。ブラジルやアメリカ系の音楽が流される中、突然日本語が……ピチカート・ファイヴの「トゥイギー・トゥイギー」が流された。専属DJが音楽をかけていると言っていたが、粋なはからいだ。

飲食コーナ

いつもは行列の飲食コーナのお姉さんもヒマそう

 1割に満たない客入りのまま日本戦は始まった。およそ100人弱の日本サポーターの歌うコールが客のいないスタジアムに響く。ブラジル人を味方につけようと、ブラジルではお馴染みのコールをアレンジしてみたりと、日本サポーターは奮闘している。

自撮りに夢中の若い女性

早めに来たが試合を観るでもなく、自撮りに夢中の若い女性。

 後半に突入すると、急に観客が増えてきて4割ほどの入りに。ブラジル戦まで2時間あまり。老若男女、ほぼ全員が黄色いユニフォームを身に着けているのがすごい。

 怒濤の日本の攻め。しかしなかなかゴールを割れない。記者の後ろに陣取った単独中年男性が「(シュート)打っても打っても入らないな。何やってるんだ!」と手厳しい。その後も「あ〜!」「あぁぁ〜!」とため息をつきまくり。終いには放送禁止用語を叫びだして苛立ちを露わにするほど。

ようやく先制点

ようやく先制点!ブラジル人も立ち上がり歓喜

 しかし日本が得点すると「やったぜ!この野郎!」と大喜び。まわりのブラジル人も大喜びしている。スウェーデンがパスを回すと会場はブーイング。このゴールで日本は地元民を味方につけたようだ。「あと5点は取れるぞ、この野郎!」と記者を鼓舞する中年男性。なかなかにうるさいので「ブラジルも5点取れ!」と笑顔で返しておいた。

初勝利も予選突破はならず

初勝利も予選突破はならず。しかし、日本サポーターはブラジル人を味方につけていた

 試合終了。結果はご存知のとおりだが、まわりの人は「日本勝った!勝った!」と喜んでいる。おめでとう!と言ってくる人にはお礼をいいつつ「でも、予選敗退なんだよ」と言うと「ここで勝ったんだからいいじゃないか」と妙にポジティブな人も。

ついに真打ちブラジル登場


ネイマール

批判の矢面に立つネイマール。アップの最中も仲間から離れ孤独だった

 日本の試合が終わってしばらく経つと、真打ちブラジル登場。会場はスタンディングオベーション。ネイマールがダッシュする姿に女のコは悲鳴をあげるほどだった。

 キックオフの10時にはすっかり満員となり試合は始まった。

 最初は明らかに堅かったブラジルだが、前半の26分に先制すると、その後も得点を挙げ、4−0でデンマークに完勝。2点目を決めたFWガブリエル・ジェジュス(19歳)はゴールの瞬間、感極まって涙を流すほど。それほど苦しかったのだろう。その後憑き物が取れように、ブラジルは伸び伸びとプレーしだし、美しい攻めを連発した。ネイマールはゴールはならなかったが、美しいパスや献身的な守備に「ネイマールコール」が出るほど。

ウェーブ

今大会初得点。ウェーブは何周も続いた……

 満員の会場はハイテンション。1点目が決まると、ウェーブが発生し、5周しても収まらない。隣のブラジル人が「もうやめろ!試合を見ようぜ!」と怒鳴るほど会場も興奮状態。

4点目

4点目!結局予選1位で通過した

 そんなブラジル人も後半に3点目が入り、勝利が濃厚になった時点で続々と会場を後にするのだからよくわからない。後半35分、4点目が入ったときは記者の周りの客はほとんど帰っていた。試合が終わったのは夜の12時だから仕方のないことだろうが……。

一夜明けると、宿の朝食会場では昨晩の試合のことで持ちきり。ブラジリアから試合を見に来たという女性は「ブラジリアではろくな試合を見たことなかったから、本当にすっきりしたわ」と興奮冷めやぬ様子。宿の主人が「(古都である)サルバドールの街の”気”がそうさせたんでしょうね。ここは他の街とは違う流れですから。代表ももっとサルバドールで試合をやればいい」と楽しそうに語っていたのが印象的だった。 <取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)>

この特集の記事一覧

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中