1人の女を奪い合い死者13人…戦時下の悲劇「アナタハンの女王事件」【大量殺人事件の系譜】

 相模原の惨劇から3週間、大量殺人事件はこれまで幾度となく繰り返されてきた。「事件は社会を映す鏡」という。いくつかの事件を振り返りながら、浮かび上がってくる時代と事件の背景を探り、大量殺人事件の系譜を考察してみる。

アナタハンの女王事件(1945~1950年)大量殺人事件の系譜~第2回~


アナタハン島

1950年当時の「アナタハン島」

 南洋上の孤島に、1人の若い女性と32人の男、計33人の日本人が取り残され、共同生活を始める。はじめは食べること、生き残ることに誰もが必死だった。やがて男たちは、欲望を剥き出しにして唯一の女を奪い合い、図らずも激しい殺し合いが始まる。命を落とした男は13人。わずか70年ほど前、想像を絶する悲劇が現実に起こった――。

 太平洋戦争に翻弄されたが故の大量殺人事件「アナタハンの女王事件」が起きたのは、1945(昭和20)年から1950(昭和25)年にかけてだった。

 1944(昭和19)年6月中旬。物資輸送に従事するため、海軍に徴用された漁船3隻が横浜港から太平洋上のトラック諸島を目指していた。マリアナ諸島近海にさしかかったころ、米軍機B29の襲撃を受け沈没した。軍人や軍属である乗組員31人は、命からがら近くの島に上陸。そこがアナタハン島だった。サイパン島の北150キロにある小島だ。

 誰もいないと思われた島には、日本人の男と女がいた。妻子をサイパン島に疎開させていた農園技師の男性。一方の女性は、この農園技師の部下を夫とする比嘉和子(22)だ。色黒で切れ長の目、健康的な肢体を持っていた。夫はバガン島にいる妹を迎えに行ったきり、空襲で戻れなくなっていた。

 20代を中心とした漂流者たちと島にいた2人、計33人の共同生活が始まった。米軍の空襲が激しさを増す。食糧は魚やタロイモ、バナナ、ヤシ蟹、ネズミなどだったが、1ヶ月もすると大方が底をついた。食糧を安定的に確保する必要上、数人ずつ分散して生活するようにした。和子は夫の上司である農園技師と肉体関係を結ぶようになり、2人で暮らしていた。1945年8月15日が過ぎても、アナタハン島の日本人たちは終戦を知る術がなく、それまで通りの生活が続いていく。

 やがて、和子と農園技師が正式な夫婦ではないことを知った他の男たちは、平静さを失っていく。加えて、墜落した米軍機から拳銃を見つけたことで、男たちに力学が生じた。拳銃を入手したAは農園技師を脅し、和子を連れ出し同棲するようになる。しかし1ヶ月近く経ったころ、Aは行方不明になる。拳銃を奪った農園技師がAを射殺した、といわれている。

 悲劇は連鎖する。拳銃を受け継いだ軍属のBは、農園技師をあっさりと射殺し和子と暮らし始めたものの、10ヶ月後、そのBも射殺体となって発見されたのである。和子をめぐって争い、3人の男が殺されたことになる。渦巻く疑心暗鬼。拳銃があるからいけない。凶器は解体され、海に捨てられた。それでも、今度は刃物による殺人が後を絶たなくなる。転落や食中毒など奇怪な死も連続していた。次第に減っていく男たち。

 このままではいけない。争いが起きぬよう和子が1人の男を選び、それを全員の協議で承認した。ただ、何事にも大らかだった和子は、求められれば他の男と寝ることを厭わなかった。男たちの欲望と嫉妬と殺気が、再び大きな海流のように和子をめぐり、「殺人」は終わらない。その責任を和子に求めるのは酷だが、たった1人の女の存在が「連続殺人」を引き起こしていたこともまた事実であった。

次ページ「内地は島より怖い」故郷・沖縄で再婚した和子の言葉

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中