リオ五輪・女子マラソンをスタートからゴールまで追いかけて観戦。冬なのに気温30℃超えで観客もフラフラ

 現地時間14日に行われた、女子マラソン。日本期待の福士加代子、田中智美、伊藤舞が出場したが、それぞれ14位、19位、46位の結果に終わった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1180049

移動車のカメラの多さよ

移動車のカメラの多さよ

 この競技を観戦にいった記者。当日は朝9時半のスタートということで、宿を8時には出て、スタート&ゴール地点のサンボドロモに8時半に到着した。このサンボドロモ、1年に1回のリオのカーニバルのためにつくられた常設のスタンドで、スタート&ゴールに陸上競技場を使わないあたりにサンバの国のプライドを感じるのだ。

多数のバイクもスタンバイOK

多数のバイクもスタンバイOK

 現場につくとすでに大勢の報道陣とスタッフがピリピリムードで準備にあたっていた。ただ、日曜の朝ということで、観客は思ったより少なく、チリ人とペルー人の応援団が目立った。この時点で気温計は22℃であったが、とにかく日差しが強い。ずっと曇りがちで、一応、真冬を感じさせる、長袖着用の日々が続いたリオだが、この日はまさにピーカン。30℃は超えそうな勢いの日差しである。

一斉にスタート!

一斉にスタート!

 9時半スタート。1kmほど続く、サンボドロモの端から選手が一斉に向かってくる。日本選手は3人固まって、前方の位置につけていた。あっという間に選手が通り過ぎると、すぐに爆音が。なんと地元のサンバチーム、ウニアン・ダ・イーリャがカーニバルさながらの演奏と踊りを始め、残っている観客を喜ばせた。

蛍光オレンジユニフォームの日本選手はすぐわかる

蛍光オレンジユニフォームの日本選手はすぐわかる

選手が全てスタートするとサンバ隊が入ってきた

選手が全てスタートするとサンバ隊が入ってきた

 ここからは地下鉄で移動。周回コースを3周回る舞台となる、フラメンゴ公園へと向かう。各国の応援団や、コーチ、関係者も地下鉄で移動している。フラメンゴ公園に着くとそこは大勢の観客が選手たちに大きな声援を送っていた。日本からの応援団もかなりおり、あちこちで日本語の声援や会話が聞かれた。

周回コースには大勢の日本人応援団が駆けつけた

周回コースには大勢の日本人応援団が駆けつけた

 スタートして40分ほど、気温はかなり上がっている。しかもアスファルトの照り返しがかなりキツく、ただ見ているだけの記者も軽いめまいを覚えるほど。観客も選手が通るときは沿道に出て声援を送るが、選手が通り過ぎると、木陰に避難し、水分を摂る人が目立った。

北朝鮮選手を追走する伊藤選手

北朝鮮選手を追走する伊藤選手

 この時点で福士選手が先頭集団に食らいついていたが、徐々に遅れ始める。最後の周回で記者の目の前を通ったときはスポンジを手に顔を歪める姿があった。その他の選手も皆、苦しそう。急激な気温の上昇が体力を奪っているようだ。

周回コースで先頭集団から離され始めた福士選手

周回コースで先頭集団から離され始めた福士選手

 周回コースを見終わったあとは再び、ゴール地点へ地下鉄で戻る。サンボドロモの最寄り2つ前の駅で降りて、ゴールに向かって長い直線コースを歩く。するとリタイアした選手に出くわした。どこから歩いてきたのだろうか、うなだれながらゴール地点へ一人歩いてく。

リタイアした選手はひとりでゴール方面へ戻っていった

リタイアした選手はひとりでゴール方面へ戻っていった

 8車線はある大通りは完全に交通規制され、運営車両以外は車一台もいない。スタッフや警備もパラパラいるほどで、沿道に人がほとんどいないというレアな光景だった。しかも日差しを遮るものがなにもなく、直射日光を浴びすぎて頭がぼうっとするほど。「ここで強盗に襲われたら誰も助けてくれないな……」と少し恐ろしくなったりもした。

果てしなく続く道。陽炎がゆらゆらする

果てしなく続く道。陽炎がゆらゆらする

 しばらくすると陽炎のなか先頭の選手が見えてきた。しかし、どの選手も顎が上がっており、本当に苦しそうな表情。街頭の気温計は29℃(約1km先のゴールは33℃だった)を指しており、苦闘のほどがしのばれる。日本選手も次々と通過したが、最後の気力を絞っているよう。

残り1km、スパートする福士選手

残り1km、スパートする福士選手

 日本選手が通過した後、突然、観客の女性が乱入し、暴れるというアクシデントがあったが事なきを得た(この日はあちこちで暫定大統領の弾劾を求める集団が乱入するというパプニングがあった)。沿道は各国の旗を持った観客が、国籍など関係なく、最後の選手が通過するまで大きな声援を送り続ける姿は印象的だった。

観客(緑の服の女性)の乱入に一瞬騒然となる

観客(緑の服の女性)の乱入に一瞬騒然となる

 男子マラソンは大会最終日にある。観る方にも選手のためにもこれ以上暑くならないことを切に祈りたい。

取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中