“お尻とふともも”がアートに!? 500パーツが集う魅惑のフェティッシュ写真に、思わず手を伸ばしたくなる-2016年9月

 女性の“おしり”と”ひかがみ”などフェティッシュなモチーフの作品を撮り続ける写真家・伴田良輔氏の個展「おしりとひかがみ展」が、東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」にて9月2日~25日まで開催される。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1181597

TODAYS GALLERY STUDIO おしり・ひかがみ(膕:ひざの裏側のくぼんでいる所)は性的嗜好か、はたまたアートなのか――100人のモデルがいれば同じおしり・同じ構図は存在しない、そんな部分にアートの可能性を感じてほしい。こうした思いで、これまで約1万作品以上のおしりを撮り続けてきた伴田良輔氏の写真展が実現した。今回は、あまり馴染みのない“ひかがみ”にも焦点をあて、おしり・ひかがみを合わせた作品数250点以上、A0サイズ特大作品などが同ギャラリーで展示される予定だ。

 伴田良輔氏は、20代後半にデビュー後、ジャンルを越境しながら作家、版画家、写真家として活動している。版画作品の受賞は米国、ポーランドなど国内外で多数あり、1990年代より女性の乳房をクローズアップで撮影。「アサヒカメラ」「芸術新潮」「anan」「フライデー」など活躍の幅は多岐にわたり、女性のヒップをクローズアップ撮影したシリーズが「日曜美術館」で紹介され話題に。

 今まで撮影した数は約3万枚の作品の中から、それらの作品はもちろん、未公開ショット、新作まで含めた作品が展示される。ひかがみの間、ギャラリー内の小展示スペースを利用して、大型モニターを設置。ひかがみだけが映し出されることによって、より濃縮されたひかがみだらけの異空間を楽しむことができる。

15,000人以上が来場「ふともも写真の世界展」


TODAYS GALLERY STUDIO そして、9月3日~19日には写真家・ゆりあ氏による「ふともも写真の世界展」も東京・渋谷マルイで開催される。今年4月22日~5月15日に開催された「ふともも写真の世界展」には15,000人以上が来場するなど、いま注目を集めており、過去の写真展から厳選された作品や新作を約300点展示するほか、造形作家・池内啓人とコラボレートした「ふとももデバイス」の展示・販売も行われる。

「フェティシズムの追求からアートへと昇華した『ふともも写真の世界展』は、性別や嗜好を超えて楽しめる内容になっている」と言い、こうしたフェティシズムとアートの写真展には、意外にも女性の来場者が多くを占めるという。

 写真家のゆりあ氏は、2011年から本格的に“ふともも”を撮り始め、2014年11月のデザインフェスタへの「ふともも写真館」出展で注目を集めた。2015年初頭に2冊の写真集を連続出版し、2015年7月には初の個展「曖昧☆ふともも写真館」を同ギャラリーにて開催。2016年2月には5冊目となる写真集『ふともも写真館2』を出版するなど、“ふともも”をモチーフにした写真活動を日々行っている。

 両展示とも撮影可能・SNSでの投稿が可能で、性別関係なく“フェティシズムアート”が楽しめる。“東京のブルックリン”と言われる蔵前から、御徒町、馬喰町、そして元材木倉庫街という利点を最大限に生かし、サードウェーブの代名詞となったコーヒーの街・清澄白河まで、こうした最先端の下町エリアに囲まれた浅草橋が、アートの発信地と呼ばれる日は近いかもしれない。

TODAYS GALLERY STUDIO 今年の9月の大型連休は、シルバーウィークならぬ“シリバーウィーク”として、おしり、ひかがみ、ふともも写真の世界を堪能するのもいいだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1181624

●おしりとひかがみ展
日時:9月2日(金)~25日(日)11:00~19:00
休館日:月曜日 ※9月19日(月・祝)は開館
会場:TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)
入場料:500円/3歳以下は入場無料

●「ふともも写真の世界展」in渋谷マルイ
日時:9月3日(土)~19日(月・祝)11:00~21:00(日・祝は20:30まで)
休館日:なし
会場:渋谷マルイ(東京都渋谷区神南1-22-6)
入場料:600円

<取材・文/日刊SPA! 取材班>

ふともも写真館2

ページをめくれば、夢がある。


ふともも写真館―夏の日―

「夏服×ふともも」の進化系


ふともも写真館 制服写真部 ~夏~

夏、開放的だった君を、ボクはただ、見ているだけだった――。

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中