ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード17=B・J・スタッドの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第170回

マクマホン

全20話のシリーズでお届けしている「ビンス無罪“ステロイド裁判”」。いまから22年まえの1994年7月にニューヨークでおこなわれた刑事裁判のドキュメンタリーである(写真はWWEオフィシャルDVD「マクマホン」のジャケット写真より)

※全20話のシリーズとして“ザ・ステロイド裁判”をお届け。この裁判はいまから22年まえの1994年7月、ニューヨーク州ユニオンデールの連邦裁判所で公判がおこなわれた刑事裁判である

 公判第2週、4日め(1994年7月14日)は検察サイドが召喚した重要な証人がたてつづけに出廷した。

 午前中の弁論でハルク・ホーガンは1970年代後半から10数年間にわたるステロイドの常用を初めて公の場で認めたが、その販売・流通と販売・流通のための共同謀議については「(ステロイドの)購入と使用は個人の選択。代金は自分で支払った」と証言し、ビンス・マクマホンとタイタン・スポーツ社(WWEの親会社=当時)の関与を否定した。

 ホーガンのすぐあとに証言台に立った検察側の証人は、製薬会社“ラグビー・ダービー”のロバート・ガース営業部長だった。ガース氏は、ジョージ・ザホリアン医師が1988年に2403ドル分、1989年に1万132ドル分のステロイドを同社から購入したと証言した。

 ショーン・オシェー検事は、ザホリアン医師が購入したステロイドの量が1988年から1989年の1年間に4倍に膨れ上がっている点を強調したが、弁護側のジェリー・マクデビットWWE顧問弁護士は「1988年11月の法改正後、医師が発注する薬品の量を監視しなかった製薬会社は無責任」と同社の対応を非難した。

 この日、検察側が用意した3人めの証人は、元WWEスーパースターのビッグ・ジョン・スタッド(本名ジョン・ミントン)だった。この時点ですでに現役を退いていたスタッドは、ホジキン病(悪性リンパ腫)の化学療法と肺のブドウ球菌感染症を理由に弁護士と医師を通じて裁判所への出廷を拒否し、電話による証言を申請。ジェイコブ・ミシュラー裁判長はこれを認めたが、弁護側はこの措置にクレームをつけた。

次ページスピーカー・フォンを使用し尋問を開始

この特集の記事一覧

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中