「お前なんか信用してない」と上司に言われた。どうすれば良い?

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆「お前なんか信用してない」と上司に言われました
まめ柴(ペンネーム) 会社員 男性 26歳


上司 慣れない仕事を任されてミス。上司に「お前なんか信頼も信用もしてない」と怒られました。だったら、そのまま職場にいても無意味だと思い、退職しますと伝えると、今度は「もう少しよく考えろ」と言われました。

 信頼も信用もしてないなら、すぐに辞めさせればいいのに、考えるように言うのはなぜでしょう。本心ではない言葉がつい口から出てしまった? それとも自分の査定に響く? 上司の考えがよくわらないので、佐藤先生のお考えを教えてください。

◆佐藤優の回答

 あなたの上司は、ごく普通に職業教育をしているのだと思います。絲山秋子さんの小説『沖で待つ』を読むと、企業の新人教育の雰囲気がよくわかります。住宅機器メーカーの東京本社で採用され、3週間短期研修を受けた主人公たちは、福岡に赴任させられます。企業にとって最初の5年は見習い、その後、5年が新人というのが実態と思います。この会社の教育は次のような内容でした。

=================

 赴任して半年問、私は副島さんに、太っちゃんは山崎さんという別の先輩にずっとついて特約店や設計事務所やクレーム現場に行きました。ユニットバスの搬入経路、天井パネルの梁型加工が必要かどうか、システムキッチンは窓や額縁と干渉しないか、そういった打ち合わせもあれば、ガス給湯器が壊れたり、浴槽にクラックが入っていたりというクレームに対処することもありました。夜、時聞があると先輩たちは商品知識や建築図面、商品の工事用図面の見方の勉強会をしてくれました。本社の新人研修とは違って、「ここに気をつけないともめる」という点が強調されていましたが、その頃の私たちには「もめる」というのがどういうことなのかまだよくわかっていませんでした。(『沖で待つ』64頁)

=================

次ページ叱られるのではなく、指導を受けている

沖で待つ

仕事を通して結ばれた、男女の信頼と友情を描く芥川賞受賞作

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中