猫ひろし完走!ゴール後のパフォーマンスでブラジル人にバカ受け

ビリ2だったが、ゴール後のパフォーマンスは「優勝」?

 タレントでカンボジア男子代表の猫ひろし(39歳・本名の滝崎邦明で出場)が、初の五輪のマラソンを2時間45分55秒で完走した。

 出場した155選手のうち、完走した140選手のなかでは「ビリ2」の139位でのゴールインだったが、ゴール直後の「ニャー!」を含めたパフォーマンスに観客は大熱狂。カンボジアコールや「カンピオン!(チャンピオンだ!)」という昨日金メダルを獲得したサッカーブラジル代表が受けたコールを猫に送った。

大きな集団に小さな猫


 朝9時半のスタート時は雨。かなり大粒の雨が会場のサンボドロモを叩きつける中、一斉にスタートした。最初のカーブのところに陣取った記者だが、猫の姿はおろか日本人選手の姿もなかなか見つけられなかった。あっという間に先頭集団が通りすぎる。体格の大きな選手たちがどんどん走り抜けていくが、まったく姿が見えない。しかし、最後の最後、大きな体の選手に隠れるように現れた身長147cmの小さな猫の姿が目に入った。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1183522

スタート直後の第1カーブ。大きな選手のなかで見つけるのに苦労した

 普段の表情とはまったく違う眉間にしわを寄せた「勝負師の顔」。どんどん小さくなる小さな背中を見届けて、記者は地下鉄で先回り。周回コースとなっている14km地点に到着した。

 コースには日本人選手を応援する方々がたくさん集まっている。90歳となった五輪おじさんも袴姿で沿道で応援している。先頭集団につけていた日本人が通り過ぎると大歓声。その後いくつかの集団が次々と選手が通過する。全ての選手がとおりすぎてしまった、と思った刹那、遠くに見える小さな小さな姿。「猫がんばれー!」日本人の声援が飛ぶと、右手をさっと挙げて声援に応える猫。

最後方を走る猫

 しかしこの14kmポイントは周回コースの1周目。この後2周目(24km)3周目(34km)と10kmごとに通過していくのだが、当然先頭との差は広がる一方。5kmの速報タイムでは最下位だったが、14kmを通過したときには、猫の後ろにはヨルダンの選手がいた。ここを通過するたびに険しくなる猫の表情。

24km付近、表情は険しかった

 雨は上がり、時折薄日が差している。日本人選手も苦しそうに顔を歪めており、詰めかけた日本人応援団の声援も一層大きくなる。しかし猫にも同じか、それ以上の声援が送られている。最後の2人(猫、ヨルダンの選手)には日本人以外からも大きな声がかけられていた。

次ページ最後の直線を全力でスパートするとさらなる歓声が

この特集の記事一覧

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中